全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール埼玉 武井アカデミー・FPスクール スクールブログ ●相続時精算課...

●相続時精算課税制度の趣旨・概要

●相続時精算課税制度の趣旨・概要

(1)概要
多額の贈与|こは非常に重い贈与税が課せられます(贈与税が相続税よりも軽い
と、皆が相続前に贈与してしまうので、贈与税は相続税よりも重くなっている)。
しかし、これでは高齢者の財産が、消費の担い手である若年層にスムーズに移転しないということで、平成15年1月に相続時精算課税制度が創設されました。

この制度の適用を受けることにより、贈与時の非課税額(特別控除額)は2,500
万円(贈与税本来の基礎控除額は110万円)となります。しかし、これだけではただの贈与税における皇礎控除額の増額なので、この制度を適用して受けた贈与財産は、相続時に精算されることになります。

具体的|こは、この制度を利用して生前に受けた贈与財産の評価額を、相続時に相続財産とまとめて相続税の計算に組み入れます(贈与時に支払った贈与税額は控除される)。

 

(2014年6月5日(木) 16:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

金融機関に35年以上勤務!”働きながら学びたい”あなたにコツを伝授

武井アカデミー・FPスクール
武井信雄 (ファイナンシャルプランナー)

原宿・新宿・高田馬場・池袋・武蔵浦和・浦和・大宮・東大宮・北与野・与野・北浦和・川口

ブログ記事 ページ先頭へ