全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 キャリアアップ・FPスクール スクールブログ 勉強方法

勉強方法

私がファイナンシャルプランナー技能士を勉強したのは、大学2年生の頃です(^○^)

当時は、簿記2級レベルの知識しかなく、ファイナンシャルプランナーってそもそもなんなのかよくわからず勉強していたことを思いだします((+_+))

正直、一番ファイナンシャルプランナーで苦しんだのは3級で
それ以外は要領を掴んでいたので勉強に苦しむことはありませんでした!(^○^)

ファイナンシャルプランナーの勉強方法は以下の3つだと思います。
①ライフプラン(テキストのはじめから)勉強しない。
②テキストは辞書代わりに過去問集のみで勉強する。
③ただ暗記するのではなく出題の意図を組む。

①の理由は、ファイナンシャルプランナーの特徴のためです。これは、ファイナンシャルぷっランナーの項目(保険、金融運用)など、これらには必ずタックス(税)がついてまわります。
そのため、ファイナンシャルプランナーでまずタックスプランから勉強しなくては、他の項目が全然理解できない状態になる可能性もありうるのです。

②ファイナンシャルプランナーに限らず、数々の試験でテキスが多く出版されています。
しかし、特にファイナンシャルプランナーは出題範囲が広いので、テキストを完全に理解し、覚えておくことは不可能なのです。
 また、ファイナンシャルプランナーは出題傾向がある程度決まっていますので、過去問から勉強すると効率的に勉強することができます。ただし、過去問だけでは制度の趣旨などつかめないとバラバラな知識になりかねません。

③ファイナンシャルプランナーは暗記の比率が多い資格なのですが、その中でも「なぜ所得税のこのポイントが出題されたのか?」「なぜテキストのこの場所が出題されないのか?」
そのように考える必要があると考えています。

また、
問題と解答を覚えるのではなく、制度の趣旨をしることで知識を応用することも可能な試験なのです?
せっかく勉強するのであれば
資格合格がゴールではなく、実務に活かせる、生きた知識が必要ではないでしょうか?(^○^)

ポイントを押さえれば誰でも合格できる試験ですが、
その知識を活かせている人は少ない試験だと感じます!

実務に活きた知識を得たい方はぜひ一緒に勉強しましょう!

 

(2013年12月12日(木) 10:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

公認会計士資格も!資格取得後のキャリアアップや目標達成まで、相談OK

ブログ記事 ページ先頭へ