全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 キャリアアップ・FPスクール スクールブログ 女性が活躍する...

女性が活躍する社会

先日から読んでいる「WORK SHIFT」
なかなか読みごたえがあって終わらないですねw

洋書は日本人の感覚と違っていて
読みずらいですね

さて
P204に
このような記載がありました
「最近は、昔であれば女性の役割とされてきたことを行う男性が増えています。
逆に、これまで男性優位だった世界で活躍する女性も増えています。2020年か2030年にはきっと、女性管理職が男性管理職より多くなっているはずです!」


いろいろな著書で似たようなことが語られていますので、
みなさんも共感できるのではないかと思います。

しかし、
「Lean in」でも語られていますが、女性が活躍することの苦悩も多く
まだまだ今の段階で認められていない部分もあるのでしょう。


私の業界の会計士、税理士
そして前職では銀行でしたが

「女性から学ぶ」ことは大変多かったと感じています。

女性の繊細な部分
発想力
相手に対する配慮など

女性には
男性(特に私はずぼらなのでw)が勝てない能力をたくさん持っていると感じています。

IT化が目まぐるしい時代であり
ブルーカラー職が自動化し人があまり必要でなくなってきている中
発想力の求められるホワイトカラー職が将来的に(現在でも)主流になります。

ホワイトカラーに向いているのは、私の意見ですが、女性であると感じます。
そうすると、
近い将来、男性が作り上げてきたビジネスのルールやマナーが大きく変化してしまう可能性もあるということでしょう。


しかし、
私は、ボランティア活動としてタロットカードによる心理カウンセリングも行っているのですが
女性は「自分に自信がない」方が多いと感じています。

「Lean in」でも女性に対する社会の目というものもあるのかもしれません。


講師を行う中で、時代に合った講義を行う必要があります。
ただ、教科書を覚えさせるような講義であっては今の世の中生きていけないと考えています。
私の講義はファイナンシャルプランナーだけでなく、
新しい考え方や
自らの意思を想像する講義を行っていきます。

 

(2013年12月5日(木) 8:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

公認会計士資格も!資格取得後のキャリアアップや目標達成まで、相談OK

ブログ記事 ページ先頭へ