全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 キャリアアップ・FPスクール スクールブログ WORK SH...

WORK SHIFT

久しぶりの投稿です!
先日、友人から紹介していただいた本で「WORK SHIFT」という本を読んでいます。

内容としては、「幸せに働くとはどういうことか?」ということを題材に挙げているようです。

なかなか、読む時間をとれていなく全体像をまだつかんでいないのですが
印象に残っているのは


「核家族が増え、しかも別居と離婚が珍しくなくなるにつれて、
家族の構成の組み換えが進み、
従来とことなるさまざまな親族関係のパターンが出現している…

以前は、家族同士であれば当然のごとく、
互いの間に信頼が形作られたが、
いまや信頼は交渉と取引を通じて初めて獲得できるものになった。

人々は家族とどう接するべきかを見出さなくてはならなくなった。
それにともない、日々の生活の指針となる新たな倫理基準を作り上げる必要が出てきた。」

私も実感することがあります。
私は地方から東京に来て、
facebookやlineなど私たちのコミュニケーションによってバーチャルにつながりを求めていた時期がありました。

今は積極的に人と交流していますが、私と似たことをしている人は多いのではないかと思います。

人とのコミュニケーションがバーチャルになることで
確実に家族や友人付き合いというものに変化が起きていると感じます。

IT業界でよくありがちなことでは、隣の席にいるのにわざわざチャットで会話をするとよく聞きます。

家族との会話でもこのようなことが起きているのでしょうか?

実際、
スマホやPCの電源が切れたとき
どれだけの人間関係が保てるのか
そんなことを考えさせられます。

この内容はまだ一部ですが
この本は良書です!
もっと全体を読んでブログに反映させたいと思います。

 

(2013年12月4日(水) 8:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

公認会計士資格も!資格取得後のキャリアアップや目標達成まで、相談OK

ブログ記事 ページ先頭へ