全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール兵庫 美和ファイナンシャルプランナー講座 スクールブログ いつ貯めるの?...

いつ貯めるの?今でしょ。

FPの立場から、原稿を執筆してください。
最近では、こんなお仕事の依頼もいただきます。
そしてテーマとなるのがやはり「気になるお金のこと」
特に30代・40代では「貯蓄ができない」という声が最も多いとのこと。
そういえば、みなさんどうやってお金を貯めているのかしら?
仲のいい友人であっても、ことお金のことになると聞けそうで聞けないもの。
そこで今日は収支を見直すために、家計簿に着目しその活用方法について考えてみます。

  「貯蓄上手になるためには、まず支出管理を」

まっさらな家計簿を前に、やる気満々で好調なスタートを切ったはずが…いつの間にか失速。明日があるわと考えているうちにレシートの山積み。そんな人も多いのではないでしょうか。家計簿をつけていない人はムダを把握できません。まずは、我が家のムダを見直す家計簿をつけてみましょう。どこにでもある大学ノートで十分。「住居費」「食費」といった毎月必要な費目を設定します。この時、細かく設定しすぎず、自分の使いやすい費目をあげてみることがポイント。そして、ある程度記入が進んだら、利用度の高い費目の総選挙をしてみます。そうすれば、何にどれくらいお金を使っていて、ムダがどれくらいあるのかが一目瞭然。翌月からは、必要な費目とランキング上位の費目、それ以外はすべてその他費目にまとめて記入していくだけ。これなら三日坊主の人も大丈夫。大きなお金が動く費目ほど、改善効果が期待できます!

 

(2013年10月12日(土) 18:53)

次の記事

この記事を書いたコーチ

Webサイトで記事の執筆も!FPの活かし方までじっくり相談できる

ブログ記事 ページ先頭へ