全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室 スクールブログ Q.平成26年...

Q.平成26年4月から消費税が上がるとしたら、平成26年5月の試験に出題されますか?

『FP資格試験 Q&A』

ファイナンシャルプランナーの資格試験をもっとくわしく知りたい、という方のためにQ&Aでお答えしています。

《Q》
平成26年4月から消費税が上がるとしたら、平成26年5月の試験に出題されますか。


《A》
国税庁のホームページには、平成26年4月1日から消費税は8%に引き上げられることが決まりました、とはっきり書いてあります。

ただし引き上げ前に経済情勢を総合的に勘案した上で消費税の停止を含めた必要な措置を講ずる、とも書いてあります。

そして今政府では必要な措置を講ずるかどうか判断しようと努めている最中です。


では、ご質問にお答えします。

もし平成26年4月から消費税が上がる決まっても、平成26年5月の試験に消費税8%の問題は出ません。

その理由は、「法令の基準日」があるからです。

1月と5月に実施する試験の法令基準日は前年の10月1日、9月に実施する試験の法令基準日はその年の4月1日、と決まっています。

ですから、平成26年5月試験の法令基準日は平成25年10月1日なので、平成26年4月1日から引き上げられる消費税の問題は出題されないのです。

相続税も平成27年1月1日から変わることが決まっていますが、平成27年9月試験まで出題されないのです。

基準日というのはその日において実際に施行されている、という意味なので、将来実施することが決まっている、というだけでは出題はされません。

ただし試験範囲に含まれる時事的な問題は出題されることもあるので、違った切り口で出題されることは考えられます。


書店で売っている多くのテキストや問題集は4月1日基準日で作成されているものが多いようですが、1月試験や5月試験で受ける方は10月1日基準日なので法令が変わっているかもしれません。気をつけて選んでください。

 

(2013年9月3日(火) 16:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

FP合格本を執筆、専門学校ほかレッスン歴豊富!出題予想にも定評あり

難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室
東城勝 (ファイナンシャルプランナー)

東京・神田・御茶ノ水・飯田橋・日本橋・淡路町・大手町・九段下・竹橋・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ