全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室 スクールブログ Q.ファイナン...

Q.ファイナンシャル・プランニング技能士2級実技試験の内容をおしえてください。

『FP資格試験 Q&A』

ファイナンシャルプランナーの資格試験をもっとくわしく知りたい、という方のためにQ&Aでお答えしています。

《Q》
ファイナンシャル・プランニング技能士2級実技試験の内容をおしえてください。



《A》
ファイナンシャル・プランニング技能士2級(以下FP2級)実技試験の内容につきましてご説明いたします。

試験実施機関は金融財政事情研究会(きんざい)と日本FP協会があるのは、何回も説明してきましたが、学科試験は共通問題、実技試験はそれぞれ別の試験になります。ここまでは2級も3級も同じですが、2級実技試験は更に複雑になります。

日本FP協会の3級実技試験は「資産設計提案業務」(以下「資産」)1種類でしたが、2級も「資産」1種類です。

それに対し、きんざい3級実技試験は「個人資産相談業務」と「保険顧客資産相談業務」の2種類がありましたが、2級では「個人資産相談業務」(以下「個人」)、「生保顧客資産相談業務」(以下「生保」)、「損保顧客資産相談業務」(以下「損保」)「中小事業主資産相談業務」(以下「中小」)の4種類から1つを選択して受検します。

試験は1年3回(1月、5月、9月)に行われますが、「個人」と「生保」は毎回、「中小」は1月と9月のみ、「損保」は9月のみ実施されます。

きんざい試験のの試験時間は90分、問題数は大きなテーマが第1問~第5問の計5問。それぞれの問題の中に設問が3問ずつあるので、設問数は計15問です。配点は公表されていません。記述式です。


では具体的に出題内容をみてみましょう。

【個人】
第1問 問1~問3 (ライフプランと資金計画)
第2問 問4~問6 (金融資産運用)
第3問 問7~問9 (タックスプランニング)
第4問 問10~問12(不動産)
第5問 問13~問15(相続・事業承継)

「個人」はリスク管理の出題がありません。


【生保】
第1問 問1~問3 (ライフプランと資金計画)
第2問 問4~問6 (個人のリスク管理)
第3問 問7~問9 (法人のリスク管理)
第4問 問10~問12(タックスプランニング)
第5問 問13~問15(相続・事業承継)

「生保」は金融資産運用と不動産の出題がないかわりに、生保に係るリスク管理が2問あります。第3問(法人のリスク管理)では、経理処理(簿記)に関する問題が出題されます。


【損保】
第1問 問1~問3 (ライフプランと資金計画)
第2問 問4~問6 (個人のリスク管理)
第3問 問7~問9 (法人のリスク管理)
第4問 問10~問12(タックスプランニング)
第5問 問13~問15(相続・事業承継)

「損保」は金融資産運用と不動産の出題がないかわりに、損保に係るリスク管理が2問あります。第3問(法人のリスク管理)では、経理処理(簿記)に関する問題が出題されます。


【中小】
第1問 問1~問3 (ライフプランと資金計画)
第2問 問4~問6 (金融資産運用)
第3問 問7~問9 (財務分析)
第4問 問10~問12(不動産)
第5問 問13~問15(相続・事業承継)

「中小」の第3問は「財務分析」というのが、大きな特徴です。



つぎに「FP協会試験」の3級学科試験は「資産設計提案業務」(以下「資産」)1種類です。

試験時間は90分、問題数は大きなテーマが第1問~第10問の計10問。それぞれの問題の中に設問があり、合計設問数は計40問です。配点は公表されていません。



具体的な出題内容は、

【資産】
第1問 (ライフプランと資金計画)
第2問 (金融資産運用)
第3問 (不動産)
第4問 (リスク管理)
第5問 (タックスプラン)
第6問 (相続・事業承継)
第7問 (ライフプランと資金計画)
第8問 (ライフプランと資金計画)
第9問 (総合問題)
第10問 (総合問題)


きんざいの実技試験と比較して、よりファイナンシャルプランナーの実務に近い問題が出題される、というのが大きな特徴です。計算問題も資料読み解き問題もFP実務で必要な問題が出題されます。90分で40問解くにはしっかりした準備が必要です。


以上のように2級実技試験は5種類もあり、試験内容には明確な特徴があります。

どの実技試験が自分の得意科目に合っているか、自分に必要な科目にあっているか、しっかり方針を決めてから学習を始めることが重要です。

 

(2013年8月29日(木) 15:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

FP合格本を執筆、専門学校ほかレッスン歴豊富!出題予想にも定評あり

難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室
東城勝 (ファイナンシャルプランナー)

東京・神田・御茶ノ水・飯田橋・日本橋・淡路町・大手町・九段下・竹橋・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ