全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室 スクールブログ Q.ファイナン...

Q.ファイナンシャル・プランニング技能士試験の学習範囲は広いと聞きましたが、本当ですか。

『FP資格試験 Q&A』

ファイナンシャルプランナーの資格試験をもっとくわしく知りたい、という方のためにQ&Aでお答えしています。

《Q》
ファイナンシャル・プランニング技能士試験の学習範囲は広いと聞きましたが、本当ですか。


《A》
お答えします。ファイナンシャル・プランニング技能士試験は、お金に関する様々な知識を試されますので、学習範囲はとても広いです。

このようにお答えすると「自分には無理かな」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、最後まで読んでください。

試験範囲はとても広いのですが、全部で6つの科目にまとめられています。①ライフプランと資金計画②リスク管理③金融資産運用④タックスプラン⑤不動産⑥相続事業承継、以上6科目です。

各科目内容を簡単に説明すると

①ライフプランと資金計画は、国や市が行う年金や保険が中心になりますが、住宅ローンや奨学金などを組み合わせたライフプラン設計も学習範囲になります。6科目中最もボリュームのある科目です。

②リスク管理は、簡単に言うと民間の保険会社の保険です。生命保険やがん保険、自動車保険や火災保険など様々な種類の保険の特徴を学びます。

③金融資産運用は、銀行や証券会社が取り扱う金融商品についての知識が中心です。株取引の実際の手順なども範囲に含まれますが、一方でリスクの少ない投資方法も学習範囲に入ります。

④タックスプランは、タックス=税金の学習です。3級では主に所得税を学習しますが、2級になると法人税も学習範囲に入ってきます。

⑤不動産は、まさに土地、建物に関する科目です。土地を買ったり、建物を建てたり、マンションを保有したときには、法律によって様々な規制がかかります。また不動産を買ったとき、保有しているとき、売ったとき、それぞれの段階で様々な税金が関係してきます。

⑥相続事業承継は、相続と事業承継にわかれます。人が亡くなると財産の所有者はかわります。しかしトラブルの種になりやすいので、法律で様々な交通整理が行われます。また財産の所有者がかわると相続税がかかります。家族で営む中小企業は、相続税を計画的に少なくしたり、経営を相続によって不安定にしないような工夫が必要です。それが事業承継の学習です。

以上のようにお金に関する学習を6科目にまとめても、学習範囲の広さはかわるわけではありません。きりがないといってもいいくらいです。



しかし、試験に出題される範囲はそれぞれの級によって大体決まっています。

3級には3級の出題範囲があり、2級には2級の出題範囲がありますので、際限なく勉強しなくてはならないわけではありません。

正確に言うと、問題の作成者は、3級の試験であれはこの程度は知っててほしい、というように考えて出題してきます。2級であればここまでは答えてほしい、と思いをこめて問題は作られます。

そこで起こってくるのが、よく出題される問題、たまに出題される問題、稀にしか出題されない問題、という出題傾向です。

学習範囲は広くても、試験の出題傾向に基づいて学習をすれば、効率的に、短期間に学習は行えます。

時間は無限にあるわけではありませんし、皆さん忙しい毎日の中で時間を割いて勉強するわけです。


私は今まで過去に出題された問題を常に分析ながら、皆さんを合格に導いています。

ぜひ効率的に、短期間で学習し、合格しましょう。

 

(2013年8月15日(木) 13:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

FP合格本を執筆、専門学校ほかレッスン歴豊富!出題予想にも定評あり

難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室
東城勝 (ファイナンシャルプランナー)

東京・神田・御茶ノ水・飯田橋・日本橋・淡路町・大手町・九段下・竹橋・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ