全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室 スクールブログ Q.ファイナン...

Q.ファイナンシャルプランニング技能士資格と、日本FP協会のCFP、AFPの違いを教えてください。

『FP資格試験 Q&A』

ファイナンシャルプランナーの資格試験をもっとくわしく知りたい、という方のためにQ&Aでお答えしています。

《Q》ファイナンシャルプランニング技能士資格と、日本FP協会のCFP、AFPの違いを教えてください。



《A》
昨日のブログ「ファイナンシャルプランナーの資格って、いくつあるのですか。技能士とか、CFPとか、AFPとか・・・」で、FP技能士はきんざいとFP協会が共同で行っている国家資格で、CFPとAFPはFP協会が独自で行っている民間の資格だと説明しました。

さらに技能士資格とCFP、AFP資格の違いを知った上で学習を開始することが大切だと書きました。そこで、違いをまとめてみました。


1、技能士は国家資格ですが、CFP、AFP資格は民間資格です。そしてAFP資格は日本FP協会が付与する独自の資格ですが、CFPはアメリカのCFPボードが付与する国際資格です。CFPは日本や米国以外にも、複数の国がステータスを付与されて、多くのファイナンシャルプランナーが世界中でFPの実務を行っています。


2、技能士試験は一度取得したら更新なしに、生涯FP技能士と名乗れます。それに対しCFP、AFP資格は2年に1度の更新があり、更新しなければ、資格は剥奪されます。また更新には継続教育を受講し所定の単位を取得していなければならず、2年毎の更新時には会費等の費用もかかります。


3、CFP、AFP資格は、全国で支部活動が行われていたり、毎月「FPジャーナル」という情報誌を会員に配布したり、毎年「FPフェア」というイベントを開催したり、全国各地で「FPフェア」というボランティア活動を行ったり、実に様々な普及活動を行っています。
技能士資格は有志により個別に様々な活動を行っていますが、組織的な活動は行われていません。

4、AFP取得時の要件として、①認定教育機関による単位の取得、②FP技能士2級試験の合格、③FP協会への登録、があります。認定試験の単位取得には少なからぬ出費が伴いますし、FP協会への登録にも費用がかかります。また、資格取得後の継続教育は無料ではありませんし、更新時にも費用はかかります。毎年の「FPフェア」参加も当然出費が伴います。

このように、同じファイナンシャルプランナーの資格でありながら、取得後の生かし方は大きく違っています。

一概には言えませんが、ファイナンシャルプランナーを生涯の職業にする方は、両方取得を目指す方が多いようです。金融業を目指す方はFP協会の資格取得を目指すようです。それ以外の方はFP技能士を目指す方が多いようです。

違いをよく理解したうえで技能士資格を取得するか、FP協会の資格を取得するか、両方取得するか、検討してみてください。

 

(2013年8月13日(火) 13:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

FP合格本を執筆、専門学校ほかレッスン歴豊富!出題予想にも定評あり

難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室
東城勝 (ファイナンシャルプランナー)

東京・神田・御茶ノ水・飯田橋・日本橋・淡路町・大手町・九段下・竹橋・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ