全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室 スクールブログ Q.ファイナン...

Q.ファイナンシャルプランナーの資格を取って役に立つのですか?

『FP資格試験Q&A』

ファイナンシャルプランナー資格試験の仕組みが、分かりにくいという方の声にお応えして掲載しています。


《Q》
そもそもファイナンシャルプランナーの資格を取って役にたつのですか?


《A》
資格が役にたつかたたないかは、どう生かすかという話になりますので、まず必要かどうかということにお答えします。

答えは「必要になってきた」という答えが近いと思います。

ファイナンシャルプランナー資格はアメリカで生まれ、日本をはじめ、世界各国に伝わりました。

実はアメリカでも「必要になってきた」から生まれたのです。きっかけは「金融の自由化」という名の自己責任社会の浸透です。

以前の日本では国民皆保険、国民皆年金、終身雇用制度が定着して、将来のお金の心配なんかしなくても日々の生活を送ることができました。あのバブル崩壊までは。

ところが企業は社員の雇用を約束できなくなり、年金問題が表面化し、自分の将来、自分のお金は、自分で守るという自己責任の社会になっていきました。

そこで、国頼みではなく、会社頼みではない、自分だけの将来の計画=ライフプランの必要性が高まってきたのです。



しかし日本では小・中・高・大学、どの段階でも、個人の金銭教育はほとんど行われてきていません。

唯一あるのがファイナンシャルプランナーという資格制度です。2002年から技能士資格として国家資格にも認定された新しい資格です。年間のべ50万人以上受けています。

時代の要請と共に必要とされているといってもよいでしょう。


この資格を取得し、就職に生かす方、企業の中でより専門的に生かす方、私のように独立して生かす方、様々です。

ライフプランとはライフデザイン=生き方に基づくものです。

ファイナンシャルプランナーの資格をとり、ぜひご自身のライフプランの中で生かして、役立ててください。

 

(2013年8月10日(土) 15:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

FP合格本を執筆、専門学校ほかレッスン歴豊富!出題予想にも定評あり

難しいことを簡単に!楽しくわかるFP教室
東城勝 (ファイナンシャルプランナー)

東京・神田・御茶ノ水・飯田橋・日本橋・淡路町・大手町・九段下・竹橋・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ