サイタ資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 FP実技対策講座IFAジャパン スクールブログ 2世帯住宅での...

2世帯住宅での小規模宅地の評価減

2階が子ども世帯、1階が父母世帯の2世帯住宅で父に相続が発生した場合、敷地部分の課税対象額は母が全体の1/4部分(1/2✕1/2)に対して評価減制度適用(240㎡まで0.8)有り。しかし、子は1/4部分に対して評価減制度の適用なし。
理由は別世帯だから(1階と2階は部屋の内部でつながっておらず、別世帯)。

 

(2012年10月23日(火) 21:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

独立系FPとして活躍中。年金・税金・資産運用等のFP相談業務を担当

ブログ記事 ページ先頭へ