全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 FP実技対策講座IFAジャパン スクールブログ 不動産鑑定評価...

不動産鑑定評価の2つの収益還元法

不動産鑑定評価基準には2つの収益還元法があります。1つが直接還元法で、1期間の純収益を還元利回りで還元して求めるもの。もう一つはDCF法で、投資期間中の現金収入(キャッシュフロー)の現在価値の総和に投資期間満了時の転売価格の現在価値を加算することにより、不動産価格を求める方法。
直接還元法は利回りの観点だけの評価で、かつ、還元利回りを固定しているため、インフレ、デフレの変動には対応していない点がネック。
従って、限られた資金の中で、複数事案を予算配分するような時に直接還元法を使い、資金制約が比較的少なく、単一事案について評価する場合にDCF法というように使い分けをします。

 

(2012年4月22日(日) 23:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

独立系FPとして活躍中。年金・税金・資産運用等のFP相談業務を担当

ブログ記事 ページ先頭へ