全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール埼玉 FP資格(2級・3級)講座 スクールブログ 法令対応につい...

法令対応について

ふぅ…

現在、FP講座のテキスト改正で、原稿締め切りに追われている岩本です。

何のための修正かといいますと、4月1日以降の法令に対応した内容にするためなんです。

皆さん、税制や制度(特例)って、少しずつ変わったりしているのをご存知でしたか?

FP資格試験では、法令基準日というものがあります。

もう締め切りが終わってしまった5月の試験では、平成23年10月1日現在の法令に則して解答をする必要があります。

ですから、年明けから施行される制度は対象外なのです。

例えば…
生命保険に入っていると、その掛け金の一部を収入から差し引くことのできる「生命保険料控除」というものがあります。
平成24年1月1日以降契約の保険に関しては、生命保険料控除の限度額が変わるのです。
※それに付随して、色々変わるのですが、今回の話の趣旨ではないので、割愛しますね。

この5月試験に関しては、平成23年10月1日現在の法令に従うことになりますので、もし今年から変わる制度知っていても、試験で反映させてはいけません。

たまにあるのですが、「平成24年から○○の制度になる」という表記であれば、別の話ですよ。

皆さんもFP資格試験を受験する時には、法令基準日について意識しておくことも大切かも知れませんね。

FP試験を受験する人は、顔晴ってくださいね!
直前サポートもさせて戴きますよ!

 

(2012年4月13日(金) 22:51)

前の記事

この記事を書いたコーチ

広告業界からFPに転身。斬新なアイディアで子供向け金銭教育活動も

FP資格(2級・3級)講座
岩本雄一 (ファイナンシャルプランナー)

武蔵浦和・南浦和・赤羽・浦和・大宮・浮間舟渡・戸田公園・戸田・北浦和

ブログ記事 ページ先頭へ

ファイナンシャルプランナー情報

サイタのファイナンシャルプランナー講師がブログを通して、ファイナンシャルプランナー情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ファイナンシャルプランナーの先生

@FpCyta