全国5万人が受講している「サイタ」

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座

ファイナンシャルプランナー(FP)スクール・試験講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座ファイナンシャルプランナー(FP)スクール東京 FP最短合格への講座 スクールブログ FPになろうと...

FPになろうと思ったきっかけ

今回は、私がFPになろうと決めたきっかけについて、これから勉強を始めよう、進めていこうと思えることに繋がることがあるかもしれないので、思い出して書いてみます。

きっかけは大きく考えると3つです。
1、とにかく何か資格を取得して楽しく仕事を続けていきたかった。
2、身内の相続の2回の経験。
3、祖母の人生の影響。

となります。
まずは、毎日同じ内容の仕事を続けていくこと=安定はあるけれど単調となる日々に何か違う、もっとワクワク活き活きして生活がしたい!と思ったのが大きなキッカケの一つですね。

そうだ、何か資格を取って働こう!そうしたらどんなに環境が変化しても私らしく仕事が続けられるって思ったんです。
それで、資格取得特集の雑誌を購入、パラパラと見ていたら『FP、ファイナンシャル・プランナー』って見つけたんです。元々、商業課程を経て初就職したのは銀行。数字や計算、数字遊びと言うのでしょうか・・・そういうことは得意で大好きでしたから、専門的なことが学べてお金の相談を受けるプロになれるなんて何て面白そうなんだろうと即効で申し込みました。

まだFPが国家資格も無く、FP協会主催のAFPの講座が入門となる時代でした。簿記1級や珠算1級など、学生時代に取得した資格を活かそうと思わなかったのは、FPは仕事の対象が色んな人生を経験中の“人”であるという魅力が一番です。
これこそが1回1回の仕事が真剣勝負で重みも責任もあり、でも一つとして全く同じ人生の人なんていないから、自分自身が成長しようと歩むことを止めなければ、やりがいを強く感じて一生続けられる仕事ではないか、と直感したからです。
思ったとおり、本当にやりがいがあります^^*
すごい集中力や準備が必要な時もありますが、終わった後の達成感やお客様からの笑顔の言葉で吹っ飛んでしまいますね。

次に自分の人生での経験が大きく影響をしています。
まず、20歳そこそこで親の相続を経験。元々、1日も早く社会人になって親から独立したかったので銀行員となっていた長女の私は、入院中から家計を全て引き継ぎ、住宅ローン返済からやり繰りまで経験し、残された財産を残された家族でどう運用して増やしていこうかと素人ながら試行錯誤しながらの人生でした。

そして、その数年後、今度は祖母の相続を経験。大きな財産を残していたわけではなかったのですが、生前から本当に揉めました。よく言われる“争続”です。
ですから公正証書遺言の作成や遺留分など、FPになる前に必要に迫られて学んで経験済みだったのです。

最後に大好きだった祖母の人生からの影響です。
祖母は明治生まれのシャキシャキした素敵な女性でした。働き者でおしゃれで、その頃には珍しかったのですが、私の中学入学のお祝いに時計とクルクルカーラーのドライヤーなど校則違反^^;となるプレゼントも「これからはちょっとオシャレをしな!」なんて渡してくれる粋な女性だったのです。
多分、活き活きとした祖母が好きで、働く女性にも憧れたのだと思います。

そんな祖母にも1点だけ悩みがありました。同居していた身内の方々とのお金の話。これは先程書いた祖母の相続時の話に繋がるのですが、働き者で小金持ちだったが故のトラブルです。
祖母がだんだんお金についてだけは不安だけしか口にしないようになったのです。どうして、こんなに一生懸命生きてきた祖母が幸せな気持ちで老後を過ごしていけないのだろう。元気に働いてきた人が何でこんな思いをしなくちゃいけないの?と大きな大きな疑問と残念な気持ちを感じたのです。

そして、どんなに大金持ちでも余裕がない人でも、老後のお金を心配する気持ちは一緒だということに気づいた時、私なりの結論が出ました。
後、いくらあったら安心できるか、自分が過ごしたい老後を過ごせるのかを解らなければ、どんな立場の人でも不安なんだ、ということが判ったからです。

だから、その希望を聞いて、金額を想定して、未来を一緒に考えてくれる人がいたら、きっとその人達は頑張ってきた人生の続きを笑顔で続けていけるだろう、その仕事はFPでできる!と思ったことが大きなキッカケの最後です。

CFPになってからも、残された親の病気や相続、自身の大病・・・ほんとに色んな人生経験をしてきました。
その時々で、巡り会った素敵な人達と、FPとしての知識や経験が、1個人である私を落ち着かせ、前向きに行動させてくれたことは間違いありません。
そんなFPの内容を一人でも多くの方に伝えていけることが今はとても嬉しいのです。

私は人生の中で今の自分が一番好きです。
人生は巡り会いです。皆さんとは例え、たった一度や数回だけのアドバイスや先生だったとしても、精一杯の知識と愛情を伝えていきたいと思っています。

 

(2011年12月7日(水) 13:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

FPとして住宅ローン等各種セミナー講師・マネー雑誌への共同執筆も!

FP最短合格への講座
藤井典子 (ファイナンシャルプランナー)

池袋・西国分寺・東武練馬・練馬・大泉学園・東久留米・清瀬・秋津・所沢・田無・花小金井...

ブログ記事 ページ先頭へ