音楽教室フルート教室埼玉 みあフルート教室 レッスンノート

みあフルート教室レッスンノート(5ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン
初めてのフルート体験、お疲れ様でした!! フルートについて簡単に説明した後、空き瓶を吹いてみました。 唇と肌の境目に瓶の口をあて、反対の淵に向かって吹くと音が出ましたね! フルート...
シのフラット
レッスンお疲れ様でした(^^♪ 久しぶりでしたが、少し吹いたら音がしっかり出るようになりましたね。 メヌエットはだんだんリズムもよく吹けるようになりました。少し早いところの指も大丈夫...
ケーラー2番
ソノリテ:いい音で吹けています。ゆっくり、たくさんの息を使って吹いていきましょう。低音は右手の指がもう少し丸い感じに持てるとしっかりふさいで吹けそうです。 音階:フラット3つと4つをやりま...
ケーラー6番など
ソノリテ:最初に何気なく出した音がとても良かったです!いつもその音から始められるといいですね。 タファネルゴーベール1番:最初の音と次の音がくっついてしまいやすいので、二つ目の音から始めら...
シのフラット
古い舞曲は音もしっかり出るようになりました!タンギングもできましたね♪ メヌエットもかなりしっかり吹くことができています。リズムをどうしても変えて吹きたい場所を、楽譜通りできると完璧ですね...
ケーラー1番
ソノリテ:中音域から低音域に入るところでもいい音を保つように頑張りましょう。低音域の下のほうはいい音が出せていました。 音階:調号なしとフラット1つの長調と短調をやりました。スピードを求め...
タンギング
レッスンお疲れ様でした。 古い舞曲もメヌエットも、指はしっかりできています。音もしっかり出すことができていますね。 違う音へうつる時のタンギングが難しいですね。 単音でのタンギング...
ケーラー1番など
ソノリテ:自分で質が変わるところをちゃんと聴けていますね。自分の一番いい音からはじめて、すべていい音で吹けるようにしていきましょう。中低音が良くなると、高音域もそれに伴って良くなっていきます。 ...
音にあった息のスピード
低音の子守歌はしっかりした音で鳴らすことができていましたね。レとミの小指は頭の体操になりますが、出てきたときに気を付けていけるとよいと思います。 ロシアのうたは、音域が上がるところが難しい...
古い舞曲
レッスンお疲れ様でした。 古い舞曲、新しく出てきた二つの音も含め、指使いはしっかり頭に入っていますね。 左手の指が、キイを押さえないときに離れすぎないようになっているのもとても良いです。...

みあフルート教室のレッスンノート ・・・計115件

みあフルート教室 ページ先頭へ