音楽教室フルート教室北海道 フルート教室ドルチェ レッスンノート

フルート教室ドルチェレッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

アンブシュアとアパチュア
今日のレッスンお疲れさまでした。 アンブシュアのレッスンで1コマ使ってしまい申し訳ありませんでした。 しかし、楽にアンブシュアひとつで音が出る事を体験できたのではないでしょうか。 両唇を前...
装飾音符
今日のレッスン、お疲れ様でした。 本番の曲、難しいものもあり大変ですよね。 前半は指の運び方を確認しました。 単純に押さえてるか離してるかだけを考えた方が指は動いてくれるので、まずはその練...
音の立ち上がり
今日のレッスンお疲れ様でした。 ロングトーンで音の鳴り方を確認しました。 少し力が入っていて、アパチュアが潰れている感じがしましたので、口を開けた状態から徐々に閉じていきどの位空いた状態で音...
タンギングが大事です
今日のレッスンお疲れ様でした。 レッスンで使った曲は細かい音と短い休符がでてきます。 休符を感じすぎると乗り遅れていってしまうので、 ブレスも最小限にして吹き通して行った方がいいです。 ...
ソノリテについて
今日のレッスン、お疲れ様でした。 始めに、ソノリテを使っての練習方法をレッスンしました。 ソノリテはとても大切な練習です。 しかし、難しく根気もいるので大変だとは思いますので 少しずつや...
音の立ち上がり
今日のレッスンお疲れ様でした。 今回も音の立ち上がり、息の使い方を中心にレッスンさせていただきました。 呼吸を基本として、吸ったらそのまま吐きます。 吐いたタイミングでタンギングをすると綺...
ポップスの音符のとらえかた
今日は体調が優れない中のレッスン、お疲れ様でした。 ポップスの曲も多いですよね。 クラシックとは違って、音符の捉え方も少し違ってきます。 シンコペーションも沢山出て来るので、充分に伸ば...
ロングトーン
今日はレッスンお疲れ様でした。 ロングトーン中心に進めましたが如何でしたでしょうか? 出しやすい基本の音を決めて、隣の音に移動します。 ここで注意したいことは、最初の音が綺麗に鳴っているこ...
ロングトーンとヴィヴラート
今日のレッスンお疲れ様でした。 言葉での説明た多くなってしまいましたこと、申し訳ありません。 ロングトーンとは良く鳴っている音を作るための練習方法ですので 必要以上に長く吹く必要はあり...
初めてのレッスン
レッスン、お疲れ様でした。 初めてですと、どのようにレッスンが進んでいくのか気になりますよね。 今日は体験レッスンとのことで、基本的なことを浅く広くお話しさせていただきました。 その中...

フルート教室ドルチェのレッスンノート ・・・計42件

フルート教室ドルチェ ページ先頭へ