サイタ音楽教室フルート教室 東京 佐藤貴和子フルートレッスン レッスンノート ロングトーンと曲練習

ロングトーンと曲練習

フルート教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日もレッスンお疲れさまでした!

・基礎練習 ロングトーン
中音のシから半音ずつ移動する練習をしました。
2音ずつ、そして"2回ずつ"!
1回目の自分の音を聞いて、気になったところを2回目で直せるように、気をつけてみてください。

・基礎練習 息だけで発音
タンギングを使わず、フッフッと息だけで鳴らす練習でした。タンギングに頼らない分、音の出るポイントを捉えないと楽器が鳴ってくれません。
息のまとまりや方向を意識してやってみてください。ここでは音色や音の形よりも、他の音が混ざらずに鳴らすことを重視しましょう。
※酸欠になりそうだったら無理しないこと!
これがどの音域でもできるようになると、タンギングが飾りになってくれるので音色の幅が広がります!

・低音の練習
息の量はあまり使いませんが、弱い息になるわけではありません。
少し口角を引いて、息の出る唇の穴(アパチュア)を平べったくするイメージで息の圧を保って吹きましょう。
小さい音からクレッシェンドしてマックスまで、大きい音からデクレッシェンドしてミニマムまで吹いて、限界を探ってみてください。「ここまで圧をかけていいんだ」みたいな感覚が掴めてくるとGOODです!
このクレッシェンドデクレッシェンドの練習をメトロノームに合わせてやるとビブラートの練習にもなります。少しずつ間隔を狭めてみましょう。狭めていってもマックスミニマムの幅は変えずに丁寧に。

「Fly me to the moon」
初見で少しだけでしたが、曲をご存知なこともあって譜読みは大丈夫そうでしたね。
まずは譜面通りできるように、メトロノームやiReal Proと一緒に練習してみてください!
このレッスンノートを書いたコーチ

幅広いジャンルの演奏家。好きな曲の演奏も、テクニックの上達もおまかせ

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした。 転調後の音を全て確認しました! フラットのつく位置は、もう大丈夫なはずです! 今回は、転調してシミラの3音にフラットがつきます。(ナチュラルの指示がない限り、全ての音域のシミラにフラットがつきます!) 各音の長さやメロディーは声で歌えるレベルまで...

レッスンお疲れさまでした。 最初に転調の話をしました。 転調は、曲の途中で調号が変わることです。 一段盛り上がりたいときや、雰囲気を変えることができるポイントです。 今回の曲ではフラット3つ(シミラ)に転調しているので、臨時記号がない限り、この3音にフラットを付けましょう。 ...

レッスンお疲れさまでした! 今日はサビの部分を確認しました。 音符が少し複雑になって、符点音符や3連符が出てきましたね。 符点4分音符になっている箇所は、次の8分音符がある為にこの長さになっています。 この8分音符は、次の小節に繋がるフレーズの頭です。ブレスをするなら、符点4分...

レッスンお疲れさまでした。 今回は新曲に進みました。 前回の曲よりも音数も少なくシンプルな曲ですが、シンコペーションが多様されています。 それぞれの拍頭に食っている音がポイントです。 食う:"食らいつく"というニュアンスで、半拍前などからタイで繋がっている音のことを指してよく使...

レッスンお疲れさまでした。 今回の収穫は、テンポをキープした演奏ができたことではないでしょうか! 今回一番最初の演奏は、メトロノームには合っていなかったけど各音の長さの感じ方は大丈夫だったし指も間違えずに動いていた。 ↓ その後メトロノームに合わす練習をしたら、指が動きにくくなった...

レッスンノート ページ先頭へ

フルート情報

サイタのフルート講師がブログを通して、フルート情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フルートの先生

@FluteCyta