全国5万人が受講している「サイタ」

フルート教室・レッスン

フルート教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室フルート教室大阪 フルート教室『まじっくふるーと』 スクールブログ 音色磨きを忘れ...

音色磨きを忘れずに☆

こんにちは
大阪は久しぶりに太陽がでています

こんな日は気分も上がり、はりきって練習したくなります

さて、世間では吹奏楽部がコンクールモードになっています。なので、これから何回かはコンクールの練習で生かせるようなブログにしたいと思います

私は中・高に指導に行く際は、まず顧問の先生がこのレッスンでどういうことを望んでいるかを伺うようにしています。つまりは、先生が感じられている問題点ですが

その事前調査で指摘される問題点で一番多いのが、

“音が出ないんです”

吹奏楽は音量の出る楽器の集まりなので、結論から言えば、フルートは勝てません。

ではどうするか

ここからは発想の転換

“いかに目立つか”

です

フルートの武器は何と言ってもキラキラの音色

例えばモデルの方を想像してください

もちろん、スタイルもよく服もブランドもの

誰が見ても美しい

モデルさんが低音楽器、服がサックスやトランペット。

じゃ、フルートはどこにいるでしょう?

私はピアスだと思います

大きさでは服には勝てません。でもそのピアスがとてもきれいに輝いていたらどうでしょう??

誰も小さいことは気にもとめず、その輝きに注目しますよね

逆に大きいけど、きれいじゃなかったら、いらないですよね(笑)

ということは、結局音色が大事だということです

大きい音にこだわりすぎるのではなく、ロングトーンの時から遠くの人に届けるつもりで、響きを作る練習をしてみてください

音色磨きを忘れずに

 

(2010年6月22日(火) 15:43)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ