サイタ音楽教室フルート教室大阪 レントフルートスクール スクールブログ 久々の更新

久々の更新

約1年間、ブログを放置してしまいました。
また、時々更新していきますので、よろしくお願いします。

最近はアイルランド音楽方面にて少しずつ活動の幅が広がっています。
アイリッシュの笛は縦笛の「ティンホイッスル」と、トラヴェルソにも似た「アイリッシュフルート」が主流です。
これらの入門レッスンとかもできたらいいなぁ…とか最近は考えています。
ティンホイッスルは安価な楽器ですので、非常に始めやすいです。

あと、なんとハープに手を出してしまいました。当然ですがなかなか難しいです…。けれど弾けば音は出るのでとても楽しいですよ。
アイリッシュハープ、レバーハープなどど呼ばれるもので、オーケストラで使用されるペダルハープとは違い、各弦に取り付けられたレバーで半音の操作を行うようにできています。

なんだかアイリッシュの楽器の話ばかりになって、しかも肝心のフルートの話はほとんどありませんでしたね…!とりあえず、1年間放置していたので、まずは復帰(?)のご連絡を。

レッスンは引き続き受け付けています。
フルートを始めてみたい人や、吹奏楽やオケ、ソロの演奏でお困りの人がいらっしゃいましたら、まずは体験レッスンを一度受けてみてください♪

 

(2019年3月21日(木) 16:19)

前の記事

この記事を書いたコーチ

所属楽団でトップ奏者担当!「何が分からないのか分からない」を丁寧に解説

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着記事

約1年間、ブログを放置してしまいました。 また、時々更新していきますので、よろしくお願いします。 最近はアイルランド音楽方面にて少しずつ活動の幅が広がっています。 アイリッシュの笛は縦笛の「ティンホイッスル」と、トラヴェルソにも似た「アイリッシュフルート」が主流です。 これらの入門...

約半年ぶりの更新になってしまいました…! 先日、所属している吹奏楽団の演奏会でした。 演奏曲目の1つに「ミス・サイゴン」がありました。 シェーンベルクが作曲した、ベトナムのホーチミン市(旧称サイゴン)が舞台のミュージカルです。 シェーンベルクといえば最近は「レ・ミゼラブル」が人気ですね...

先日、サポートメンバーとして参加しているバンドのライブに出演しました。 アニソン…アニメソングのロックバンドさんで、全体的に激しい曲を演奏していました。私はその中から3曲を演奏。 笛の音がロックなバンドサウンドと合うのか?と少し心配していたのですが、意外と悪くない…!新たな発見です。 ...

プロフィールにもありますが、私はアイリッシュバンドに所属しておりまして、先日は塩屋駅の近くにある「旧グッゲンハイム邸」で行われたイベントで演奏してきました。 旧グッゲンハイム邸は100年の歴史を持つ洋館で、今も歴史的建築物として保守されながら、イベントやスクールのための貸し出しスペースと...

前回、吹奏楽のフルートをメインに書いたので、今回はオーケストラのフルートの話でも… オーケストラ…略してオケの経験は吹奏楽に比べると微々たるものですが、吹奏楽との違いをヒシヒシと感じながら演奏していました。 吹奏楽でのフルートは、他の楽器との音量バランスを考慮して、1パートを複数人で演...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フルートレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ