サイタ音楽教室フルート教室大阪 レントフルートスクール スクールブログ 指遣いの難しい...

指遣いの難しい場所の練習

約半年ぶりの更新になってしまいました…!
先日、所属している吹奏楽団の演奏会でした。
演奏曲目の1つに「ミス・サイゴン」がありました。
シェーンベルクが作曲した、ベトナムのホーチミン市(旧称サイゴン)が舞台のミュージカルです。
シェーンベルクといえば最近は「レ・ミゼラブル」が人気ですね。

さて、このミス・サイゴンの冒頭のフレーズは案外指遣いが難しいです。
このフレーズは高音域で構成されています。
低・中音はおおよそ右から順番に指を離していけばスケールになるのですが、
高音は一音ごとに複雑な運指になっていて、ちょっとしたフレーズでも音の組み合わせによっては難しくなってしまうこともあるんですね。

指遣いの難しい箇所はテンポを遅くして練習するのがセオリーですが、
この時に「どこで指がもつれるのか。何を意識すれば良いのか」をしっかり意識するとより早く上達します。

例えば自分の場合、E音の右手の人差し指と中指をきちんと押さえる事を意識しました。E音を吹く時にこの指が遅れてしまって、後ろがつっかえてしまうんですね。
それを修正することを意識したので、フレーズ全体の音が均一に吹けるようになりました。

難しいフレーズの「本当に難しいところはどこか?本当にできていないところはどこか?」を把握することは効率の良い練習には不可欠です。
長いフレーズの全部をゆっくりから練習する必要はありません。
効率良く練習して、全体のクオリティを上げたり、余裕をもって楽しく演奏ができるようになりましょう!

 

(2018年3月26日(月) 23:23)

前の記事

この記事を書いたコーチ

所属楽団でトップ奏者担当!「何が分からないのか分からない」を丁寧に解説

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着記事

約半年ぶりの更新になってしまいました…! 先日、所属している吹奏楽団の演奏会でした。 演奏曲目の1つに「ミス・サイゴン」がありました。 シェーンベルクが作曲した、ベトナムのホーチミン市(旧称サイゴン)が舞台のミュージカルです。 シェーンベルクといえば最近は「レ・ミゼラブル」が人気ですね...

先日、サポートメンバーとして参加しているバンドのライブに出演しました。 アニソン…アニメソングのロックバンドさんで、全体的に激しい曲を演奏していました。私はその中から3曲を演奏。 笛の音がロックなバンドサウンドと合うのか?と少し心配していたのですが、意外と悪くない…!新たな発見です。 ...

プロフィールにもありますが、私はアイリッシュバンドに所属しておりまして、先日は塩屋駅の近くにある「旧グッゲンハイム邸」で行われたイベントで演奏してきました。 旧グッゲンハイム邸は100年の歴史を持つ洋館で、今も歴史的建築物として保守されながら、イベントやスクールのための貸し出しスペースと...

前回、吹奏楽のフルートをメインに書いたので、今回はオーケストラのフルートの話でも… オーケストラ…略してオケの経験は吹奏楽に比べると微々たるものですが、吹奏楽との違いをヒシヒシと感じながら演奏していました。 吹奏楽でのフルートは、他の楽器との音量バランスを考慮して、1パートを複数人で演...

私は長年、吹奏楽を中心に音楽活動をしてきました。今回はそれをテーマにしてみます。 そもそも吹奏楽は管楽器と打楽器を中心とした「編成」の名前です。 同じように管弦楽(オーケストラ)も管楽器と打楽器、そして弦楽器が中心となっている「編成」です。 オーケストラ…略してオケとも言いますが...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フルートレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ