全国5万人が受講している「サイタ」

フルート教室・レッスン

フルート教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室フルート教室大阪 フルート教室『まじっくふるーと』 スクールブログ 息。。。

息。。。

ブログを書くにあたり、ひとつ目標を決めました(^^)v
でもまだ内緒です。。。記事を投稿するうちに気づかれてしまうと思います。ヒントはタイトル。50回更新したあかつきには目標は達成される予定です(笑)

さて、今日のテーマは「息」

この言葉をレッスンで使わない日はないんじゃないでしょうか。

息を吸う・息を吐く

この動作なしに音は出ません!今日は「息を吐く」ことについて書きたいと思います。

フルートは息を出すの量によって音量を変え、息を出す速さによって音の高さを変えていきます。

息の速さ。。。車のようにメーターがないのでわかりにくいですよね(>_<)スピード違反をしても罰金もありません(笑)
でもスピード違反になると良い音がでないんです。特に低音域はゆっくりした息が重要となってきます。

実は今の季節、息の速さの説明をするには絶好のチャンスなんです(^^)



最近、すっかり寒くなってしまいましたね。外にいる時、手袋をしていないと耐えられません。。。

でも忘れてしまった時。。。どうされますか?

手に口を近づけて「はぁ~」と息を吐きますよね?!

手を温める=温かい息=ゆっくりな息なんです。

逆にあつあつの物がおいしいこの季節(笑)

でも猫舌なので「ふぅーふぅー」冷ましますよね?!

この時の息はどうでしょうか?

冷ます=冷たい息=速い息になっていないでしょうか?

実は日常生活でも私達は息の速さを使い分けているんですね~(*^_^*)

低音には温かい息を、高音には冷たい息をイメージして試してみてください(^^♪


こんな話をしていると。。。お腹が空いてきました(笑)

 

(2009年12月27日(日) 0:37)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ