全国5万人が受講している「サイタ」

フルート教室・レッスン

フルート教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室フルート教室大阪 義徳のフルート教室 スクールブログ アドリブ初めて...

アドリブ初めての皆さまへ(練習の第一歩目のお話)

ジャズの醍醐味はアドリブ、またポップスでもアドリブは楽しいものですね。アドリブは自分のイメージが表現でき、大変気持ちがいいですよ。その練習方法を紹介します。

アドリブの基本は音階(スケール)とコード音階(例えばCならドミソ),ハ長調の曲を演奏したいのならCメジャーのスケールが吹けるように指の練習をします。これは大丈夫と思います。次にコードです。曲に出てくるコードの音を覚える。それには時間が少々かかると思いますが、これを初めから完全にに覚える必要はありません。まずコードのルート音階すなわち一番低い音を覚えて下さい。C、Cm、C7どれもCすなわちドの音です。C D E F G A Bはドレミファソラシに対応しています。

実際に曲で練習しましょう。
曲がフライミートゥーザムーン(コードを添付)ですと、コードはAm7, Dm7, G7, CM〜となっています。Am7の所ではAはラですからラシド、Dm7の所ではDはレですからレミファ、G7ではソラシ、CMではドレミと吹きます。1小節に音が3つですから3つ目の音は2拍の長さにして下さい。そうするとピッタリ1小節の4拍になります。

カラオケの音源で一度合わせてみて下さい。(スマホやタブレットのアプリありますね)
しっかり伴奏に合うと思います。ここで意識して欲しいのは初めの音と3番目の音です。これはコード音の1すなわちルート音と3thの音です。このコードの2つの音を覚えることができ、そのコードで使えるスケール(アベーラブルノートと言います。重要なスケールです)の一部を吹いていることになります。

ここで気がつくことが一つあります。それは次の小節に隙間なく音が繋がっています。Am7はラシド、Dm7はレミファでした。音が繋がっていますね。曲の中で一部は小節間で音が飛びますが、気にせずコードのルート音から3つの音を吹く練習をして下さい。
これはコード音とアベーラブルスケールを覚えるポイントとなる練習です。

今後もこのお話を続ける予定ですが、ご興味ご質問などお有りの方は、体験レッスンをお受け頂ければ幸いです。

アドリブ初めての皆さまへ(練習の第一歩目のお話)

(2016年7月22日(金) 13:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズや映画音楽・ポップス好き必見!初心者には音出し、楽譜の読み方から

義徳のフルート教室
宮脇義徳 (フルート)

梅田/大阪・京橋・福島・天満・難波

ブログ記事 ページ先頭へ