サイタ音楽教室フルート教室東京 フルート教室テラ スクールブログ 2小節のメヌエ...

2小節のメヌエット

少し前の話です。
フルートを始めて二ヶ月足らずのSさん(推定年齢58歳?)。
ふっとSさんの譜面台を見ると、〔アルルの女〕『メヌエット』の楽譜が、他の楽譜の間に隠れるように挟まっていたので、「おや!?これを密かに練習してるのですか?」と聞くと、「まさか~!!吹けるわけないじゃないですか、夢ですよ!いつか吹きたいから、飾ってるんです。」との事。
そこで、「はい、では中音のソを吹いてください。」 そしてSさんがまだ知らない♭ミ・♭ラ・高音♭ミ・高音ソを教え、「では次に言う音を吹いて下さい。ソ・ファ・♭ミ・ファ・ソ・♭ラ・♭シ・ソ・高い♭ミ・♭シ・高いソ」 「はい、もう一度ゆっくり指の順番を覚えましょうね。」 「次はソを2回吹いて続けましょう。」 何度か練習し「何となく知ってる曲に聞こえませんか?」と言うと「え…まさか…メヌエット?」 「そうですよ、メヌエットの最初の2小節ですよ。リズムをつけて吹いて見てください。」 Sさんは何度も耳にしている『メヌエット』を思い浮かべながら、ゆっくり吹きはじめました。
もちろん、思うように指は動かないし、高音域は難しいし、スラーはまだ習っていません。
それでもSさんは顔を赤くして喜び、何度も繰り返し一人で練習していました。
私は、こんな喜びの感覚もう忘れてたなあ…と思いながら、Sさんのたどたどしい『メヌエット』2小節の繰り返しに聴き入っていました。 

 

(2015年5月25日(月) 9:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

初心者の方大歓迎!5~85歳まで指導してきたコーチが音楽の楽しさを伝授

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着記事

皆さんは、ご自分のフルートの成長記録って、残した事が有りますか? もちろん、発表会とかに出るとDVDで頂けたりもしますが、そう言うのではなく、一つの曲が自分の成長と共に、どの位変わっていくか…そんな記録です。 前回お話したSさん、その後も一人でメヌエットを少しづつ練習していたのですが、ある...

少し前の話です。 フルートを始めて二ヶ月足らずのSさん(推定年齢58歳?)。 ふっとSさんの譜面台を見ると、〔アルルの女〕『メヌエット』の楽譜が、他の楽譜の間に隠れるように挟まっていたので、「おや!?これを密かに練習してるのですか?」と聞くと、「まさか~!!吹けるわけないじゃないですか、夢...

フルート教室テラの寺田です。 《テラ》はもちろん、寺田の《寺》でもありますが、SDカードとかで使われている情報量の単位《ギガバイト》の約千倍が《テラバイト》で…そうその位、長年培ってきた様々な『指導の引き出し』をたくさん持っている、と言う意味も含め《テラ》と名付けました。 誰もが初めてフ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フルートレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ