全国5万人が受講している「サイタ」

フルート教室・レッスン

フルート教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室フルート教室愛知 ステラフルート教室 スクールブログ 楽器の選び方

楽器の選び方

こんにちは(・∀・)

今日は楽器の選び方のコツについてお話したいと思います。

楽器を選ぶ際、まずは試奏・試しに吹いてみて選ぶのですが
初心者の方はまだ音の出し方が定まっていないので難しいですよね
そのため初心者の方にはできるだけ日本の楽器メーカーの初心者用をお勧めしています
理由は二つ

その1 国産なので楽器の完成度が高くメンテナンスもしやすい
その2 当たりはずれが少ない上、初心者用は吹きやすい材質になっている

フルートの値段の違いはいろいろありますが
一番は材質の違いが金額の違いになっています
上級者が使う総銀製や14kなどゴールドのフルートはとても良い音がしますが
その良い音を出すために楽器を鳴らす基礎力がないといけません
初めての生徒さんは少し軽めの材質で楽器を鳴らす訓練をしないと
材質の重い楽器をふいてもなかなかいい音が出せずに困ると思います

時々インターネットや質屋で国内メーカーじゃないフルートが
すごく安い金額で売られていることがありますが
たまにそのようなメーカーの楽器は一度壊れると調整して元に戻すのは
難しいと楽器の修理屋さんから聞いたことがあります
その楽器にあったパーツなどがなかったりするそうですし
パーツを取り寄せて修理すると楽器を買った値段より高くなっては大変です

あと、中古の楽器はその前に吹いていた持ち主の癖がついていると言われます
とても上手な人が吹いていた楽器であれば良く鳴る癖がついてていいのですが
逆だとその癖がじゃましてうまくいかないこともあるかもしれません
なので初めての生徒さんにはできるだけ新品の楽器購入をお勧めしています。
何事も最初が肝心ですしね~。吹きやすい楽器で楽しくレッスンしましょう。

もし楽器の購入などで質問がありましたら
お気軽にご相談ください♪

 

(2014年8月18日(月) 11:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アメリカで研鑽を積み、ピッコロも演奏。音大受験生を合格に導いた実力派

ブログ記事 ページ先頭へ