サイタ音楽教室フルート教室栃木 浦里知子フルートスクール スクールブログ 音程あれやこれ...

音程あれやこれや

 経験のある方なら、必ず悩むでしょう。どうした

ら良い音程で吹けるのか?

私の考えを先に申しますと、大丈夫です。恐くありま

せん。要は、正しい吹き方であれば問題ありません。

大分ざっくりとした言い方ではありましたが、

多くは、とても力が入っていたり、緊張してしまった

りする事に原因があります。アンサンブルの指導で、

よく感じますが、一人で吹かなくてはいけない時、

ピッチは高くなってしまうことがあります。音程が

合ってないな、とわかり、頭部菅を抜くようにします

が、私は、音程については、言わないようにしてい

ます。頭部菅を操作しないで、それよりも気持ちを落

ち着かせるようにすると、音程も落ち着いてくるので

す。また、高音をきれいに出すのは大変ではあります
 
が、頑張り過ぎるのはよくありません。口に力を入れ

すぎないようにしましょう。また、フォルテの時も、

例えばのどかな気持ちで吹くように。ピアノや、低温

は、逆に緊張感をもって吹かないと 、音程は下がり

ます。リラックス状態で音を出してみましょう。

無理がなく、すっと出る音は、あなたにとって、一番

の音のはずです。

 

(2014年7月29日(火) 10:57)

前の記事

この記事を書いたコーチ

東京藝大出身、全国大会で最優秀賞も受賞!生徒想いの優しいコーチ

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着記事

 経験のある方なら、必ず悩むでしょう。どうした ら良い音程で吹けるのか? 私の考えを先に申しますと、大丈夫です。恐くありま せん。要は、正しい吹き方であれば問題ありません。 大分ざっくりとした言い方ではありましたが、 多くは、とても力が入っていたり、緊張してしまっ...

 今のあなたの目標はなんでしよう? どなたにもあるはずです。小さなものでも良いので す。時々、生徒さんから聞かれることがあります。 それは、どうしたら難しいところや、速い所が出来る ようになりますか?というような質問です。 その箇所についての練習の仕方をご指導いた...

音大受験を考えている生徒さん、フルート経験が長い生徒さん達へ、何かお伝え できないかと考えていたら、ふと、自分の学生時代を思い出しました。 最近は、自分の先生の喜寿をお祝いする会があったり、来週は、藝大時代の仲間に 数年ぶりに会えると、懐かしさ、嬉しさで一杯です。そして、今...

 前回に引き続き、練習について書いてみます。      音が出てくるようになり、どんどん面白くなってきた ら、次は、ご自分の音を聞くようにしましょう。 同じ音を出しているつもりでも,安定していないこと が多いものです。いい音が出た時は、無理がなく、 すっと出る感じが...

練習はどのようにしたらいいのでしょうか。練習は、効率良く、そしてなるべく 楽しくしたいものです。無我夢中になって気がついたらこんな時間?ということも あるかもしれません。 では具体的にどのように進めていくのでしょうか。 音が一回出たら偶然ではありません。次に上手くいか...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フルートレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ