全国5万人が受講している「サイタ」

フルート教室・レッスン

フルート教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室フルート教室東京 ジョイ・フルート教室 スクールブログ 生徒さんがフル...

生徒さんがフルートを!(完結編)

こんにちは。フルート講師の清水です。

前々回のブログでも書きましたが本日は生徒さんの初めてのマイ楽器の購入に行って参りました!
先ず決める事はカバードキーかリングキーか。生徒さんに吹き比べてもらい鳴り方の違いを試してもらいました。明らかにリングキーの方が音の抜けが良い!これは生徒さんと私の意見は一致をみました。
次に高音域のEの音を鳴らしやすくするエーメカを付けるかどうか。これは結果的にエーメカを付けました。理由は鳴らしやすく出来るの事と、リングキーのストレートからオフセットのキー配列になるので左手の負担が少しでも軽くなる事でした。
次にフルートのランクをどうするか。これについてはオールシルバーでいこうという事に。吹き比べてもらったらやはり頭部管のみシルバー、管体オールシルバーでキー部分洋銀のフルートよりもオールシルバーが良く鳴っていました!
最後に同じ型のフルートが2本(仮にAとBとしましょう)あったので先ず生徒さんに吹き比べてもらいました。生徒さんはAが好みだとの事。私が吹き比べたら私個人はBが好みでした(が生徒さんには伝えていません)。今度は私が生徒さんにAかBかを知らせないで、ある同じ曲を演奏して聴き比べてもらいました。その結果生徒さんはやはりAのフルートを選びました。
AとBの明らかな違いはAは優しい音色、Bは力強い野太い音色でした。同じ型のフルートでも頭部管の歌口の刀のひと削りでこんなにもフルートの個性が変わる事を実感し良い経験になりました。

早速新しい楽器を携えてレッスンをしました。今までのレンタル楽器と比べて本当に見違える(聞き違える?)ほど良く鳴っていました。本当に楽しく私自身も良い経験になった一日でした!

 

(2014年2月2日(日) 19:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

小学生~70歳代の方まで指導歴豊富。一人ひとりの演奏の原点を支えます

ブログ記事 ページ先頭へ