サイタ音楽教室フルート教室東京 嘉一(jia yi)フルート教室 スクールブログ フルートの師匠...

フルートの師匠の演奏会

12月13日はフルートの師匠の演奏会でした。
久しぶりの師匠の演奏会は、とても勉強になるものでした。

やはり、何の楽器でもそうなのですが、音が私好みであり、自分のなるべく近い音を出している、出すべく努力をしているので、とっても心地の良い感じでした。

もちろん、人それぞれの好みの音、というのがあるので、あくまでも私個人の好みではあるのですが、やはり、師匠の音は私が大好きなフルーティスト、パウル・マイゼン先生の音なのです。

音楽を通して、何かを人に感じてもらう、ということは、聴く方々の受け止め方にもよるのですが、何か温かい気持ちになってもらったり、元気になれたり、そんな音楽を私も演奏したいな、と強く思った演奏会になりました。

奥様がピアニストで、奥様と師匠の演奏は、とても息の合っていて、心がほっこりでした。

演奏は、人を写し出すのかもしれませんね。

 

(2011年12月15日(木) 0:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

洗足音大卒・スイス国立チューリッヒ大学への留学も。ソロ・室内楽など

目的・種類別にフルート教室・レッスンを探す

新着記事

遅ればせながら、新年おめでとうございます。 嘉一フルート教室は、本年も皆様のニーズに応えられるように、レッスンを提供させて頂きたいと思っております。 引き続き皆様のご愛顧をお願いいたします。 また、レッスンを受けたいけれど、、と迷われていらっしゃる方は、思った時が始める時です...

また所属している音楽事務所のニューイヤーコンサートに出演させて頂きました。 人前で初めて演奏する曲は、やはり緊張してしまいますね。 今回は、自分の中で、実験的な事を、試してみました。 緊張している中でも、色々と収穫はあり、また有り難い機会を頂けて、とっても感謝なのです。 ...

おめでとうございます。 昨年中は大変お世話になりました。 今年も、自分自身の音楽的にも、人間としても、 常に向上をしていきたいな、と思っています。 もっと色々な方々に音楽を演奏する楽しさを様々な媒体でお伝え出来たら良いな、と思います。 本年もどうぞ宜しくお願い致します...

12月13日はフルートの師匠の演奏会でした。 久しぶりの師匠の演奏会は、とても勉強になるものでした。 やはり、何の楽器でもそうなのですが、音が私好みであり、自分のなるべく近い音を出している、出すべく努力をしているので、とっても心地の良い感じでした。 もちろん、人それぞれの好みの音...

12月10日に、静岡にて、ギターの方とご一緒して、バルトークのルーマニア民俗舞曲、全部で6曲から成る曲を演奏させて頂きました。 1、棒踊り 2、飾り帯の踊り 3、踏み踊り 4、角笛の踊り 5、ルーマニア風ポルカ 6、速い踊り という構成です。 3曲目は、ピッコロで演奏し、フルー...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フルートレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ