全国5万人が受講している「サイタ」

フルート教室・レッスン

フルート教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室フルート教室東京 フルート教室・フルーティー スクールブログ スランプ&挫折

スランプ&挫折

フルートをやってきて今までドスランプにかかったことが2回あります。
◎一回目◎
大学受験の一ヶ月前・・・
いきなり昨日まで調子良かったのに音が全然でなくなってしまいました。
ほんとに出ないんです。原因がわかりませんでした。先生も何も言ってくれませんでした。自力でなんとか改善していき、受験に臨みました。でも、まだその時はスランプの中でした。合格してよかったです。

◎二回目◎
大学卒業して一年め・・・
大学中は毎日がむしゃらにフルートだけ吹いてきた。そのまままだ勉強するつもりで、さらに進学するために受験した。当日あれだけ練習して自信があったのに、どうしてか暗譜が飛んでしまった。きつねにつままれたような感じ・・・
案の定浪人一年生になった。
計画がずれてしまい、なんか自覚もない中、練習してた。でも練習しても下手になっていく一方。
今までどう吹いてたのか、どういう口で、どういうおなかの支えで、全くわからなくなってしまいました。
その時、先生に「アレキサンダーテクニック」という本を薦められました。その本には、自分がどういう状態で演奏してるのか常に考え、理解していないと突然スランプにおちいる。考えてなければ必ず起こると・・・起こった時には、自分がどう吹いてたのかわからない。
私はまた、結局一からやり直しました。

自分がどんな口でどう吹いてるのか必ず理解しておくことはたいせつです。あと、どんな音を奏でたいか、どんな音色で演奏してみたいか・・
理想の音を決めておくのもたいせつです。



 

(2007年6月21日(木) 2:55)

前の記事

この記事を書いたコーチ

金沢市某コンクールNo.1!武蔵野音大卒で基礎作り~楽しむ演奏まで

ブログ記事 ページ先頭へ