全国5万人が受講している「サイタ」

Flash講座/フラッシュスクール

Flash講座/フラッシュスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールFlash教室東京 Kaori・CGデザインスクール スクールブログ 私とパソコンと...

私とパソコンとの出会い

私は大学時代にグラフィックデザインを学んだのですが、その頃はまだパソコンもあまり普及しておらず(年がバレますね;汗)
写植を切り貼りしたり、定規とカラス口で線を引いたり、絵具でムラなく色を塗ったり、そんなことを必死に勉強していました。

そしてCGの授業もありましたが、
文字だけのモニターに、ただひたすらプログラム言語や数字の羅列を打ち込むもので、物理や数学が苦手な私には大変苦痛なものでした。


そんな、ある日。

大学のCGルームに1台のマックがやってきたのです!


今思えば、モニターも白黒で小さく、ソフトもPhotoshop(おそらく1.0でしょうね)くらいしか入っていなかったのですが、触った瞬間、目からウロコ!?の感動ものでした。

私が今まで苦労した、写植もカラス口も絵具も、クリックひとつで完了です。
もちろん、ややこしいプログラム言語や数学も要りません。

この箱の中に、紙も鉛筆も筆も定規もハサミも、必要な道具はすべて揃っているのです!

…なんということでしょう。


同級生には、まだこのマックの便利さが浸透していませんでしたので、CGルームのマックはほとんど独占状態でした。

皆が手作業で絵を描く中、わざわざ面倒なCG室に出入りして
「ちょっと変わり者?」
くらいに思われていたかも知れません。

以来、私の画材はすべてパソコンになりました。


でも、必死にカラス口で線をひいたことを、無駄だったとは思っていませんよ。
様々な経験をしたことが、今の私の糧になっていますから。

道具はパソコンになっても、作るのは人ですからね。

 

(2010年7月2日(金) 13:49)

前の記事

この記事を書いたコーチ

映画・テレビ番組・CM・ゲームなどで活躍のプロ。親身なレッスンが評判

Kaori・CGデザインスクール
斉藤香 (Flash)

池袋・川越・西武新宿・本川越

ブログ記事 ページ先頭へ