サイタ語学の習い事フィンランド語教室静岡 ふれて楽しむ フィンランド語 スクールブログ 白夜の祭典、ユ...

白夜の祭典、ユハンヌス・ユフラ

日本人は冬至には柚湯につかったり、かぼちゃを食べたりします。
では、夏至はどうでしょう? あまり意識しないまま過ぎてしまうことが多いのではないでしょうか。
先日の新聞にも、梅雨のさなかで実感に乏しいことが夏至の印象が薄い一因では、という記事がありました。確かに雨天、曇天続きでは日の長さも感じにくいですね。

一方、北ヨーロッパでは夏至は聖ヨハネ祭として盛大にお祝いされる一大イベントです。
フィンランド語では「ユハンヌス・ユフラ Juhannus juhla」と呼ばれ、大きなかがり火(コッコ kokko)を燃やし、一年で一番明るい日を祝って、夜更けても白々と明るい空の下で人々が踊ります。

ヘルシンキではセウラサーリ野外博物館での夏至祭が有名で、岸辺に組み上げられた薪に初々しい新郎新婦が小舟で近づいて点火するという光景はそれは素敵でした。
たくさんのカップルがこのユハンヌスの日に結婚するそうです。

ユハンヌスが終わるといよいよ7月、心弾む夏季休暇の季節に突入します。
この休暇のために一年間働いてきたと言わんばかりに、日本の感覚では非常識なほど長期の休みを取り夏を謳歌します。

ただ、以前あるアンケートで「冬を最も意識するのはいつか?」という問いに対し多かった答えの一つが、ユハンヌスの日でした。
夏至、太陽のピーク。ピークを過ぎてしまえば、再び昼は短くなる。そして来たる冬に思いが向いてしまうのでしょう。
なんとも切ないですが、北に住む人々ならでは、短い夏の後に長い冬を強いられる人々ならではの発想だなと妙に納得したのを覚えています。

 

(2016年6月27日(月) 0:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ヘルシンキ大へ留学、現地で勤務も。フィンランドの世界に浸ってみませんか

新着記事

 前回もお知らせしました、フィンランド独立から今日までを民族音楽とダンスで綴るミュージカル「ストーリー・オブ・フィンランド」が静岡市清水区の清水テルサでも上演されます!  静岡でフィンランドに触れる貴重なチャンスです。フィンランドの関心をお持ちの皆さま、是非お出かけください!  (...

 1917年に独立を果たしたフィンランド。2017年の今年は独立百周年の記念すべき年です。   これにともない、ラッセ・ヘイッキラ氏によるミュージカル「ストーリー・オブ・フィンランド Suomalainen messu」が日本にもやってきます。  12月6日(水)――フィンランド独立...

日本の女性にも大人気のブランド、マリメッコ。 鮮やかな色使い、大胆な構図が際立つ「UNIKKOウニッコ」のデザインなどで有名です。 創業者アルミ・ラティアの人生を描いた映画『ファブリックの女王』が静岡シネ・ギャラリーで上映中です。 http://www.cine-gallery.jp...

日本人は冬至には柚湯につかったり、かぼちゃを食べたりします。 では、夏至はどうでしょう? あまり意識しないまま過ぎてしまうことが多いのではないでしょうか。 先日の新聞にも、梅雨のさなかで実感に乏しいことが夏至の印象が薄い一因では、という記事がありました。確かに雨天、曇天続きでは日の長さも感...

来たる12月5日土曜日、フィンランドから来日する「ラップランド・トリオ」によるクリスマス・コンサートが清水テルサ大ホールで開かれます。 「ラップランド・トリオ」とは、ラップランド出身のボーカリスト、サイラ・セウルヤルヴィを中心に、アンニ・カイサ・オヤラ(バイオリン、ボーカル)、ラッセ・ヘ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、フィンランド語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ