全国5万人が受講している「サイタ」

基本情報技術者試験対策・合格講座をプライベートレッスンで探す

基本情報技術者試験対策・合格講座を選ぶ

初めて基本情報技術者を受験する方も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリの基本情報技術者試験対策講座を見つけることが出来ます。

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,900円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

ほかの条件で基本情報技術者試験対策・合格講座を探す

体験レッスン受講までの流れ

3分でカンタンお申し込み

3分でカンタンお申し込み

メールで日時のご確認

メールで日時のご確認

コーチと待ち合わせ

コーチと待ち合わせ

まずはお試しから! 無料体験レッスンお申し込み

初めて基本情報技術者を受験する方も安心のレッスン内容!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、
講師が丁寧にアドバイス

基本情報技術者試験対策・合格講座の人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる基本情報技術者試験対策・合格講座の講師一覧です。

源田雄一さん

講師名:

源田雄一さん

ジャンル:

基本情報技術者試験対策講座

主なレッスン会場:

東京

黒瀬奈月さん

講師名:

黒瀬奈月さん

ジャンル:

基本情報技術者試験対策講座

主なレッスン会場:

池袋

基本情報技術者試験対策講座 体験レッスンの感想コメント

基本情報技術者試験対策講座のレッスンを体験した方の声をご紹介

30代男性

専門的な内容を丁寧に教授頂きました。 当方初学者ですが、試験合格へ向けて意欲が出てきました。

基本情報技術者試験対策セミナー (基本情報技術者試験対策講座)

40代男性

実務的視点からのアドバイスが参考になりました。 不測な事態にも、柔軟に対応いただき、感謝しております。 今後は、計画的に確実に得点アップできるよう その「道のり」を明確に構築できればと期待しています。

基本情報技術者試験対策セミナー (基本情報技術者試験対策講座)

40代男性

お互いに宿題を持ち帰り、効率的に勉強できそうだ。週末しかできないので、日程調整に懸念が残る。

コツで合格☆基本情報技術 (基本情報技術者試験対策講座)

新着レッスンノート

基本情報技術者試験対策講座のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

9月12日

水平タブ・クロックと秒の関係 など水平タブ・クロックと秒の関係 など

9/9のレッスン内容は、以下の通りです。  ・ C言語の応用編   - 水平タブの出力  ・ 情報処理関連   - 改行コードの違い   - クロックと秒の関係 詳細は、紙でお渡ししたノートも参照してください。 □ C言語の応用編 〇 水平タブの出力 C言語では、水平タブに対応した特殊文字があります。それは、'\t'です。 例えば、abcとdefを水平タブで区切って出力したい場合は、  printf("abc\tdef\n"); のように記述すればOKです。 なお、水平タブ入力を受け付けるコンピュータであれば、\tの代わりに直...

8月23日

clock_t型 などclock_t型 など

8/22のレッスン内容は、以下の通りです。  ・ C言語文法   - clock_t型   - マクロCLOCKS_PER_SEC   - 変数宣言、キャストのおさらい   - fflush()関数 詳細は、紙でお渡ししたノートも参照してください。 □ C言語文法 〇 clock_t型 clock_t型は、実行開始からのクロック数を保持するための型です。 <time.h>の中で宣言されているので、使うためには<time.h>のインクルードが必要です。 clock_t型は、time_t型同様何らかの整数型(昔はint、現在はlong lon...

8月12日

C言語における乱数の取り扱いC言語における乱数の取り扱い

8/10のレッスン内容は、以下の通りです。  ・ C言語における乱数の取り扱い   - 指定範囲の乱数を求める計算式 詳細は、紙でお渡ししたノートも参照してください。 □ C言語における乱数の取り扱い プログラミングでは、厳密な乱数ではなく「擬似乱数列」と呼ばれる配列を使って乱数を扱います。 その際、以下の2つの標準関数を使います。  ・ srand()  ・ rand() srand()は、擬似乱数列の中の位置を決めるための関数です。 渡された引数に依存して、この位置が決まります。現在時刻(1970年を起点とした経過秒数)を引数として...

8月1日

再帰呼び出し・バイナリファイルの読み書き再帰呼び出し・バイナリファイルの読み書き

7/30 のレッスン内容は、以下の通りです。  ・ 再帰呼び出しのおさらい  ・ バイナリファイルの読み書き 詳細は、レッスン時にお渡ししたノートを参照してください。 □ 再帰呼び出しのおさらい 前々回までのテーマだった「最短経路の距離を求めるプログラム」について、以下の質問があったので説明しました。  ・ 最短経路を表示させる処理が、どのように動いているのか? この処理は、再帰呼び出しによって実施しています。再帰呼び出しは、関数の中で自分自身を呼び出すものでした。 再帰呼び出しを使う場合は、以下の点だけ注意してください。  ・ 出口(再...

基本情報技術者試験対策講座 無料体験レッスン

初めて基本情報技術者を受験する方も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン

料金・お申し込みの流れ

レッスン1回分からお支払いOK。安心のポイント制です。

料金・お申し込みの流れ

カフェレッスンのおすすめポイント

便利なカフェでのレッスンです。

カフェレッスンのおすすめポイント

体験レッスンの持ち物

レンタルやご購入の際の選び方等。

体験レッスンの持ち物

基本情報技術者試験対策・合格講座 ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる