全国7万人が受講している「サイタ」

基本情報技術者試験対策・合格講座を個人レッスンで探す

基本情報技術者試験対策・合格講座を選ぶ

初めて基本情報技術者を受験する方も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリの基本情報技術者試験対策講座を見つけることが出来ます。

情報処理技術者試験の種類で探す

ほかの条件で基本情報技術者試験対策・合格講座を探す

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり4,900円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎にカフェ利用時のご自身のドリンク代をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

基本情報技術者試験教室の無料体験レッスンについて

サイタの基本情報技術者試験教室ではコーチとの相性を感じていただくために60分間のレッスンを0円でお試し受講いただいています。
もし基本情報技術者試験教室無料体験で受講したレッスンがご満足いただけなかった場合、他のコーチで無料体験をもう一度受講していただくことが可能です。ピッタリなコーチが見つかった時にご入会いただけます。

基本情報技術者試験教室の無料体験レッスン内容例

14:00
コーチと待ち合わせ
14:05
レッスンに関する悩み相談
14:15
早速基本情報技術者試験のレッスン開始
14:45
簡単なツールなどを紹介
14:55
今後のスケジュールを相談

無料体験レッスン受講までの流れ

1

3分でカンタンお申し込み

無料体験レッスンお申し込みフォームから必要事項を入力し、お申し込みください。

2

メールで日時のご確認

ご希望の日時をメールでご確認ください。

3

コーチと待ち合わせ

事前にご希望いただいた場所で、講師がお待ちしております。

基本情報技術者試験対策・合格講座の人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる基本情報技術者試験対策・合格講座の講師一覧です。

約13時間前更新

基本情報技術者試験対策講座 体験レッスンの感想コメント

基本情報技術者試験対策講座のレッスンを体験した方の声をご紹介

12月9日(火) 13:24 更新

30代男性

全文を読む

専門的な内容を丁寧に教授頂きました。 当方初学者ですが、試験合格へ向けて意欲が出てきました。

40代男性

全文を読む

実務的視点からのアドバイスが参考になりました。 不測な事態にも、柔軟に対応いただき、感謝しております。 今後は、計画的に確実に得点アップできるよう その「道のり」を明確に構築できればと期待しています。

40代男性

全文を読む

お互いに宿題を持ち帰り、効率的に勉強できそうだ。週末しかできないので、日程調整に懸念が残る。

新着レッスンノート

基本情報技術者試験対策講座のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

6月5日

体験レッスン体験レッスン

これまでのご経験、これからのお仕事についてお聞きし、どのように進めて行くかを相談して決定しました。 特にプログラミングに対する理解を深めるために、Javaについて基本から身につけていくプランで進めて行きます。

4月3日

基本情報午前系解説基本情報午前系解説

・MIPS 1秒間に何百万回の命令が実行できるか 20ナノ秒=1回 1ナノ秒=0.05回 1マイクロ秒=50回 ・クロック周波数とCPI 1GHz→1秒間=1,000,000,000クロック 1ミリ秒=1,000,000クロック CPI平均=2.8クロック/命令 1,000,000命令=2,800,000クロック 2.8ミリ秒あれば実行できる ・再帰的プログラム(階乗) 自分自身を呼び出すプログラム 最後に数値が出たら、それを使って元に戻っていき、 結果を出すプログラム ・稼働率の計算 直列→稼働率×稼働率 並列→1-(停...

4月1日

H30春 問5、問6、問7H30春 問5、問6、問7

全体的に、まず、 「問題文をよく読む」 ことで、だいぶ解答できるかと思います。 時間がない中で解こうとすると、どうしても問題文の読み込みが甘くなるので、 「一日一問」を目標に進めていきましょう。 例えば、朝問題を軽く読んで、夜もう一度問題をしっかり読んで解く などすると、頭に入ってきやすいと思います。 問題に慣れると、どんなことに注目しながら読めばいいか、 問題文の中でここは重要そうだな、というポイントを絞りやすくなるので、 やっぱり問題はなるべく多く見たほうが良いと思います。 ラストスパート頑張りましょう!!!

3月28日

基本情報技術者試験 合格に向けて基本情報技術者試験 合格に向けて

■現状把握 ・ITパスポートは10か月ほどの学習で独学で合格 ・基本情報は午前系から学習開始済 ■今後の進め方 ・まずは午前系を学習する ・基本的に独学で進め、わからないところをレッスンにて解説 ・午後系については、午前がある程度理解できてから進める ・言語選択はアセンブラ(CASLⅡ)を行う ■午前項目の解説 ・SQLさわり ・PERT図(日程計画)クリティカルパス

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる