ものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室東京 ミズホの編み物サロン レッスンノート

ミズホの編み物サロンレッスンノート(27ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

バッグ本体の縁編み
かぎ針編みのバッグの本体が編みあがったので、1周縁編みをつけました。 編み図を見ながら目を拾いました。 持ち手は長編み二段で作ります。 編み始めと編み終わりにとじつけ用の糸を20センチくら...
後ろ身頃の衿下がり
ベストの後ろ身頃の衿下がりを編むレッスンをしました。 まずは袖ぐりのサイズが合っているか確認し、右側から編みます。 肩の目数は必ず両肩、両身頃合わなくてはならないので、きちんと確認してくださ...
帽子の減目
帽子の減目のレッスンをしました。 模様が均等に小さくなるように減目をします。 今回のデザインですと縄編みはそのまま残し、間にあるメリヤス編みの目数を減らしていきます。 帽子の高さがちょうど...
バッグ本体
バッグ本体の持ち手につながる部分を編みました。 今まではぐるぐる編みでしたが、ここからは往復編みになります。 模様の数を数えながら編んでください。
アンダリヤのバッグ
今日から新しい作品を編み始めました。 アンダリヤのバッグの楕円形底を編むレッスンをしました。 まずは作り目から細編みを拾って編みますが、目を飛ばさないように気をつけて編んでください。 ここ...
かぎ針編みの基本
鎖編みの作り目から細編みを編み出すレッスンをしました。 全く初めてとのことでしたがバランスよく編めていました。 段を変えるときには鎖編み一目で立ち上がってから編んでください。
新しく編むパターン
前回までに編んでいた斜め編みのセーターが出来上がっていましたので拝見しました。サイズもぴったりでとてもお似合いでした。 この季節にちょうど良い作品になりましたね。 糸の引き揃え方もお上手です...
アランベストの袖ぐり減目
アランベストの袖ぐりの減目のレッスンをしました。 最初の伏せ目は一目めも編んで伏せますが、次の段からは右上二目一度で減らします。 右上二目一度のとき、内側から針を入れて滑らせますのでお間違い...
肩のはぎ
かぎ針編みのサマーニットの前後身頃が編み終わったので肩をはぎました。 本にはくさりはぎと書いてありましたが、針で一目一目すくってとじたほうがきれいです。 糸が緩まないように気をつけてください...
模様編み
バッグの楕円底がきちんと編めたので、本体の模様編みのレッスンをしました。 交差編みをするときには長編みの足の高さを十分に引き出すようにしてください。 普段長編みをするときよりもたくさん引き出...

ミズホの編み物サロンのレッスンノート ・・・計548件

ミズホの編み物サロン ページ先頭へ