サイタものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室 東京 ミズホの編み物サロン レッスンノート ラグラン袖の減目

ラグラン袖の減目

編み物教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ラグラン袖の左右を確認して、減目のタイミングを計算しました。
あともう少しです。
万が一編み地を解いたときには、段数を数えてください。
新着レッスンノート

鎖編み、細編みのレッスンをしました。 かぎ針編みの基本の編み方です。 まずは左手の糸の持ち方に注意しましょう。 人差し指には糸をかけて、たるまないようにします。 今日の体験レッスンでは、細編みを3段編めました。 基本の動作をしっかり確認してくださいね。

引き続きショールを編みました 右上二目一度の目がすこしゆるんでしまうので、祖母のやり方で編んでみることにしました。 針の入れ方に注意してください。 全体的に編み目がきれいに揃って編めています。

ショールの模様編みを1段編みました。 目数がとても多いので最初は大変ですが、模様ごとに確認しながら進めます。 今日は編み始めに反対方向にUターンをしてしまったので、段数や向きも確認します。 編み地のバランスは良いと思います。 編み地を斜めに引っ張らないように気をつけて編みます。

ショールの縁編みのガーター編みから本体の模様編みを始めるための増目のレッスンをしました。 ねじり増目はよく使うので覚えておいてください。 編み方については間違いはなくスムーズですが、針を外すときにちょっと編み地を引っ張ってしまう癖があるようですので、なるべくフワッと針を抜くよう意識してくだ...

ラグラン袖の左右を確認して、減目のタイミングを計算しました。 あともう少しです。 万が一編み地を解いたときには、段数を数えてください。

レッスンノート ページ先頭へ

編み物情報

サイタの編み物講師がブログを通して、編み物情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!