サイタものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室東京 糸っ子ニット工房 スクールブログ 夏の準備万端!

夏の準備万端!

バスケット編みという編地に惹かれて編み始めたかごバッグ。

心惹かれるだけあって凝ってます!
今回のは、4目で1模様なのですが2目ずつ交差をしながら編んでいきます。
1・2目を編んだら、3・4目は編み戻る感じなのです。
たしかに4目編み進んでるはずなのに、「3歩進んで2歩下がる」感が否めません・・・。
でも確実に進んでいるので1周編み終わるごとに小さい達成感があります。
そんな小さな達成感まであと少し!というところで見つける前段の編み間違え(>_<)

棒針の場合は、周辺の目も一緒に棒針から外して目をほどけば大抵は編み直せます。
かぎ針の場合は、「編み間違えはそこまでほどいて直す」が基本で早い方法です。
糸を切ってつなぐこともできなくもないですが、糸の始末を考えるとほどいた方がきれいに仕上がります。
そんな編み直しを5回以上はしました・・・。
眠い時や少しでも飲んだ後は、編まないのが得策のようです。
次の日、必ずといっていいほど間違いを見つけます。

どうにかこうにか完成までこぎつけました。(^_^)v
1から編むのは時間がかかりますが、「手のかかる子ほどかわいい」ので、愛おしく長く使っていきたいという気持ちにさせてくれます。

作品を編むとき何かをお手本にしますか?
本のように見本があるのはモチベーションを保つのにとてもいいです。
「こう編めばこれができるんだ♪」そんな楽しみがありますし、慣れてきたらいろんなバリエーションにチャレンジするという楽しみも増えます。

本の通り編んでもあなただけのオリジナル作品ができますよ♪





夏の準備万端!

(2018年5月22日(火) 21:05)

前の記事

この記事を書いたコーチ

手芸店やニットカフェでの講師経験も。棒針・かぎ針のどちらにも対応!

新着記事

バスケット編みという編地に惹かれて編み始めたかごバッグ。 心惹かれるだけあって凝ってます! 今回のは、4目で1模様なのですが2目ずつ交差をしながら編んでいきます。 1・2目を編んだら、3・4目は編み戻る感じなのです。 たしかに4目編み進んでるはずなのに、「3歩進んで2歩下がる」感が...

「編み物」というと、『冬』のイメージという方が多いのではないでしょうか? 夏になると編み物は一時休止ですか?それともかぎ針が多くなりますか? 私は、夏になるとかごバッグを編みたくなります。 街中でかごバッグを持っている人を見かけると、こちらも涼しくなってきませんか? …ということで...

ブログ記事 ページ先頭へ