全国5万人が受講している「サイタ」

編み物教室

編み物教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室東京 ミズホの編み物サロン スクールブログ ウルグアイウー...

ウルグアイウールのショール

最近海外のパターンを編むのにハマっています。
海外のパターンは日本の編み図とは違っていて一段ごとに文章で書いてあります。
日本の編み図は常に表から見た図ですので、偶数段(裏返して編む段)は図を裏から見て編まなくてはならないので、慣れていないと混乱しがちです。
編み図上で表でも裏から編んでいる段では裏ですので、今どこを編んでいるのかちゃんとわかっていないと見失ってしまいます。

その点、海外のパターンは文字通りに編んでいけば良いので簡単といえば簡単です。
表と書いてあれば編地が表なのか裏なのか気にせず、表を編めば良いのです。
ただし全部略語で書いてありますので、その略語が何を示すのかピンとこないと一つずつ確認しながら編まなくてはならないので、結構手間がかかります。
それでもだんだん慣れてくると、日本の編み図や編み方には無いまったく画期的なテクニックがいろいろあって本当に面白いのです。

今回編んだショールも作り目も増目もふち編みも、すべて初めて見るテクニックでした。
細長い半月形のショールなのですが、中心から編み始めて毎段増目をしながらガーター編みで本体を編みます。
好みの大きさになったら今度は編地を90度回転させてふちのレース編みとなわ編みをつけていきます。
これが本当に今までにみたことのないテクニックで、目からうろこが落ちまくりました。

ふちのレース編みとなわ編みがとてもかわいらしいデザインポイントとなる大判のあたたかなショールとなりました。
糸も海外の手染めの糸を使いました。
もちもちの手触りが本当に気持ちがよく、ウールなのに直接肌に触れてもまったくちくちくしません。
色も鮮やかで、ほんのりと段染めになっているので色の移ろいがきれいです。

ネットを駆使して海外のパターンを海外の糸で編む。
分からないテクニックは動画サイトでチェック。
編み物にも確実にIT革命が起きています。

ウルグアイウールのショールウルグアイウールのショールウルグアイウールのショール

(2015年8月21日(金) 11:15)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの、手芸専門出版社の認定講師!初心者もリラックスして習得できます

ミズホの編み物サロン
牧野ミズホ (編み物)

恵比寿・渋谷・原宿・新宿・武蔵小杉・代官山・中目黒・祐天寺・学芸大学・都立大学・自由...

ブログ記事 ページ先頭へ