サイタものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室東京 ミズホの編み物サロン スクールブログ かぎ針編みも棒...

かぎ針編みも棒針編みも、編み物♪

日本語では『編み物』というと、かぎ針編みと棒針編みの両方のことをまとめて意味します。
毛糸と編み針を使って編むクラフトですから、道具がかぎ針か棒針かということはあまり厳密に区別はしないように感じます。

しかし、欧米ではかぎ針編みと棒針編みはまったく別のクラフトとして扱われています。

英語では棒針編みをknit(ニット)、かぎ針編みをcrochet(クロッシェ)と呼び、日本語でいうところの『編み物』という意味とはちょっと違います。

以前幼稚園のPTAの集まりでかぎ針編みのモチーフをお教えしたことがあるのですが、そのときアメリカ人のママがいらして、「ニットはグランマに教えてもらったけれど、クロッシェはやったことがないの」と言っていました。
私はその時はまだ彼女の言っていることがよくわからなくて、「ニットをやったことがあるなら簡単ですよ」と言ってしまったのですが、いろいろ話しているうちに勘違いに気が付いたのです。

日本では、かぎ針編みと棒針編みの区別があまりないので、どちらもできる方が結構います。
どちらかの方が得意とか、どちらかが苦手だとかいうことはよくあることですが、だいたい編み物をやる人は両方基本的なことはできるようです。

棒針編みのニットにかぎ針編みでふち編みをつけたり、かぎ針編みで編んだものに続けて棒針編みで編んで、さまざまな編地にしたりと相互のテクニックで個性的なものが作れます。
どちらもできるというのは、それだけ編み物の世界が広がりますし、やはり器用な日本人気質という感じがします。

また、編み物の本の作りも日本と欧米では全く違います。
日本の編み物の本はかぎ針編みも棒針編みも編み目記号というものがあり、全体像が見えるようになっています。
記号がわかれば、どこでどのように編んでいくのか一目瞭然でわかりやすいのです。

欧米ではあまり記号は使われません。一段ずつ、一目ずつ文章で書いてあるのです。
編み目については略号で書かれていますので、日本の編み図に慣れた私にとっては呪文のようでなにがなにやらわからない・・・というしろものです。

ただ、これは慣れの問題でして、海外のパターンに慣れた方だと文章で順番に説明されていたほうが編みやすいという方もいます。
最初に全体像をつかんでからじゃないと針が動かせないか、ひとまず文章に書かれている通りに編んでいけるのか、その人によって向き不向きがあるのでしょう。

海外のパターンにはとても素晴らしいデザインのものがたくさんあります。
見ているとすぐにでも編みたくなってしまうものばかり。
海外パターンって呪文みたいで苦手・・・なんて言ってるとちょっともったいないなと思い、欧米式の編み方に慣れるために、洋書のニットの基礎本を購入してみました。(写真の本です)
編み方がイラストで丁寧に書かれているので、ああこれは日本語ではあの編み方か・・・とわかるので私にとってはとても使いやすいのです。
これはknitの本ですので、crochetは最後のほうにちょっとだけしかのっていません。

棒針編みでもつくり目などはかぎ針を使うので、結局のところ多少のかぎ針編みの知識はあったほうが良いんですよね。
やはり私は編み物といえばかぎ針も棒針も両方・・・という日本式のフレキシブルなのが好きです。

かぎ針編みも棒針編みも、編み物♪

(2014年8月15日(金) 12:41)

前の記事

次の記事

新着記事

急に寒くなったせいか 生徒様の作品が凄い勢いで完成しています    「こんなのが編めると思いませんでした」 「最高の出来です!」 「早速明日会社に着て行きます♡」   この喜びのテンション♪ 私にも100%響いてきます   この瞬間が嬉しくて 手編みの先生をやってるの...

この間までクーラーがなければ 辛いほど暑かったのに、 なんだか急に寒くなりました! 私は寒がりで暑がりなので こうなってくるとほっこり暖かい小物が欲しい♡    そんなわけで 急いで仕上げたのは 手編みの靴下   靴下を編むのは色々と大変なのですが 可愛くて暖かい手編...

ほんと〜っに頑張りました! 生徒様のカウチンジャケットです。 今年の3月 「田丸麻紀さんがインスタで着ていたようなカウチンジャケットが編みたい!」 というリクエストをいただきました。 田丸麻紀さんといえばすらっとしたお洒落な着こなしで、ファンも多い人気モデルさん♡ そして、...

暑い夏もそろそろ終わり、やっと手編みの季節がやってきますね。 この時期になるとお店にも冬用の毛糸が並びはじめて、あれこれ誘惑されてしまいます。 と同時に、レッスンのご希望者も爆発的に増えてくるシーズンになります。 ご希望通りのスケジュールでレッスンをお受けすることができなくなるかもし...

ちょうど3年前のこの時期に 「どうしても編みたいものがある」 ということで レッスンにいらした生徒様 お持ちになったのは 本格的なフェアアイルの マフラーのキットでした フェアアイルというのは とっても細い毛糸を 何色も使って 繊細なグラデーションや 複雑な模様を...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、編み物レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ