全国5万人が受講している「サイタ」

編み物教室

編み物教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室東京 ミズホの編み物サロン スクールブログ 誰のものを編む...

誰のものを編む?

編み物をはじめていくつか小物を編めるようになると、今度は着る物を編みたくなってきます。

そんな時、誰のものを編みたいですか?

♪着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます・・・♪
という歌がありましたが、そんな無駄なことはしたくないですよね!
だいたいウエアを編むのにおよそ毛糸玉が10玉必要です。
10玉編むのって本当に大変です。
そのうえ寒さをこらえて一生懸命編んだのであれば、最初の一枚はぜひ自分のために編みましょう。

以前の私のブログにも書いたように、寒さこらえて編むような季節にセーターを編み始めても、出来上がったころにはセーターが不要な暖かい季節になっている可能性が大きいので、ぜひとも秋、可能ならば晩夏には編み始めたいところですが・・・

まずは自分のセーターを編んでみましょう。
かぎ針でも棒針でも編めますが、棒針編みの方がよりスマートなものができあがります。
簡単な普通の丸首のセーターを一枚編めば、大体の基本はカバーできます。

自分の編む手によってサイズ調整などが必要になってきますので、そのあたりの細かいことはご相談くださいね。

自分のものを編むのは最初におすすめした通りなのですが、唯一例外があって、それはお子様のものを編むとき。

お子様のものはどんどん編んであげたいものです。
ただ、困るのは子供はどんどん大きくなるということ。
今年完成させるつもりのものが、出来上がらなかったから来年着せればいいか・・・
と思っても、次の年はひとまわりもふたまわりも大きく成長しています。
子どものものはさっさと編み上げるのが鉄則です。

子どもものの良いところは、大人のものより断然小さいということです。
あっというまに出来上がります。
あまり深く悩まずに、お子様の好きな色でなにか編んであげるととても喜びます。
特に女の子は幼稚園や学校でめちゃくちゃ自慢します。

おすすめなアイテムは女の子向けのワンピース。
まず最初の年はワンピースとして着られる大きさで編みます。
その次の年はお子様が大きくなっていますから、今度はチュニックとして活用できます。
袖つけなしのパターンで編めばすぐにできあがりますので、シーズンに2枚編むこともできるかも。
女の子は骨格が華奢なので、もしかしたらその次の年も着られるかもしれません。

うちは男の子なので、ワンピースを着せることもできずコートを編んであげたのですが、子どもが驚異的に成長したため、翌年にはサイズアウトしてしまい結局3か月しか着られませんでした。

写真は息子に編んだ夏用の帽子と、冬のコートです。
コートはダブル仕立て。金モールでふち編みもして、豪華な作りにしました。
けれど2か月かけて編んだのに3か月しか着られなかったという大変もったいない結果に・・・
それでも子供の心には編んでもらった思い出がしっかり残ります。

誰のものを編む?誰のものを編む?

(2014年7月31日(木) 13:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの、手芸専門出版社の認定講師!初心者もリラックスして習得できます

ミズホの編み物サロン
牧野ミズホ (編み物)

恵比寿・渋谷・原宿・新宿・武蔵小杉・代官山・中目黒・祐天寺・学芸大学・都立大学・自由...

ブログ記事 ページ先頭へ