全国5万人が受講している「サイタ」

編み物教室

編み物教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室東京 ミズホの編み物サロン スクールブログ 最初はマフラー...

最初はマフラー・・・は間違い!

はじめまして!かぎ針編み&棒針編みコーチをさせていただく牧野ミズホです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このブログでは、はじめて編み物をする方や初めて編み物を習う方に、レッスンのイメージをお伝えできたら良いなーと思っています。

初心者が最初に編むのはマフラーのようなイメージがありますが、これは大きな間違いです!
マフラーを編み上げるのは結構大変なのです。
ずっと同じ幅でふんわりやわらかく編まなければならないし、かなりの長さがあります。
単調にずっと同じものを編み続けるのは飽きてしまうし、そもそも最初は同じ幅で編むということが難しいからです。
これを初心者がきれいに編むのはちょっと難しいです。

私が今まで指導させていただいてきた方には、とくにご本人の希望がない限りは、かぎ針編みのバッグを最初の作品にしています。
初心者の方は編み目がきつくなりがちです。
マフラーのような風合いが大切なアイテムは、ぎっしり硬い編み目だとあまりなじみがよくありません。
その点、バッグは小物ですし、むしろ編み目がきついほうが実用的にきれいに仕上がるのです。
それに、バッグは目を増やしたり減らしたりが多く、編んでいる途中に飽きることがありません。
そして、マフラーよりも使用する糸が少なくて済むので、早く編みあがります。

なにより大切なのは、作品を完成させてみるという経験です。
出来上がったという達成感と、難しいと思われた作品を仕上げられたという充実感。
かぎ針編みのバッグは、これがちょうどよく得られるアイテムです。
ちょっと不恰好でも持って出かけたくなる。
「それ編んだの?すごーい!」と、友達に言われたりする。

そうすると、次はこんな素材でこんな色で編んでみたい!
となるわけです。

冬には冬の素材で。
夏には夏の素材で。
同じパターンでも様々なお楽しみがあるのが手編みの良いところです。

最初はマフラー・・・は間違い!最初はマフラー・・・は間違い!

(2014年7月23日(水) 23:11)

次の記事

この記事を書いたコーチ

あの、手芸専門出版社の認定講師!初心者もリラックスして習得できます

ミズホの編み物サロン
牧野ミズホ (編み物)

恵比寿・渋谷・原宿・新宿・武蔵小杉・代官山・中目黒・祐天寺・学芸大学・都立大学・自由...

ブログ記事 ページ先頭へ