サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel東京 事務職向け実践Access講座 スクールブログ 008_どうし...

008_どうしても!Accessを知りたい!!と、言う人たち

Before

 事務の現場で起きていること

  大量データを前にして Excelでは、もう無理!

  しかし、やりたいことが次々と頭に浮かんでくる

  Accessで、何ができるんだ!と心の中で叫ぶ!

 受講者が訴えていること

  実務で具体的にどう扱えばいいのかがわからない

  会計ソフトの中のデータを分析したいのだけど・・・・


After

 受講後の感想

  教材の内容が実務に即しているので

  実務ですぐ使ってみたい・・・

  Accessの簡単な使い方に、目からうろこだった!

 

(2018年8月13日(月) 17:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理・管理部門・データ分析の従事者が対象。5年で500人参加の名物講師

目的・種類別にExcel(エクセル)使い方講座・スクールを探す

新着記事

まず、記事の概要です。 『6月21日に新しい成長戦略が閣議決定され、その中核は(途中省略) データ駆動社会の実現である。とのこと (途中省略) 全体を動かす原動力となる資源がデータである。 この場合のデータは、オープンデータ、パーソナルデータ、産業データの3つに 分けられる。』 ...

日経2019/7/4Analysis AIと雇用㊦を読んで感じたこととは、 「AI導入により反復的な作業が減少し、複雑な問題への対処が増加するといった タスクの高度化がみられる。」 と、記述されています。 さらに、 「労働市場には様々なタスクが存在するので、転職を通じてルーテ...

早速、 RPAツール「WinActor」のページを読んで   RPAの概要と導入事例の勉強を開始ししました。 最近、世の中の動きをみて感じるのは、 データ活用だけではなく、データ処理の迅速化の推進です。 RPA活用推進の記事を目にするようになっています。 企業内の事務の効率...

遂に言語「Python」をさわってみました。 「データサイエンティスト」に必要なスキルに上がっていたこともあり 時間の許す限り勉強してみたいと思います。 図書館で「独習Python入門」湯本堅隆 著 技術評論社を借りて来て P60くらいまで読んで実習もしてみました。...

Accessを薦める講師という立場から「データサイエンティスト」に 興味津々(しんしん)でネット検索をしてみました。 第一に感じたことは 「データサイエンティスト」に必要なスキルを得ることは 事務職がAccessを習得するより遥かにハードルが高いと感じました。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Excelレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ