サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel東京 事務職向け実践Access講座 スクールブログ 事務職の日常業...

事務職の日常業務の大半は調べ事だということを知っていますか?

これは、もう5年ほど前の日経の記事に載っていた内容です。

 そこに、実はアメリカでもそうなんです。と、書いてありました


事務職の人なら納得するはずです。
(しかし、気づいていない方もいらしゃる?)

 例えば

 資金はいつショートするか?未回収は?この請求書は払っていいのか?

 この時、みなさんはどんな書類から答えを探しますか?

 考えてみれば、日常のほとんどの時間を調べ事に費やしているのです。

 さらに、決算や税務調査の最中

 忙しい時に限って社内から追い打ちのように調べ事が入ります。


この多くの調べ事に対し

 Accessを使って、全て1分以内に返すことができると、

 まず、相手から必ず「凄い!」と思われます。

 1分ツールは事務職にとって魔法の杖と言えるでしょう。

 

(2018年7月23日(月) 17:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理・管理部門・データ分析の従事者が対象。5年で500人参加の名物講師

新着記事

Before  事務の現場で起きていること   大量データを前にして Excelでは、もう無理!   しかし、やりたいことが次々と頭に浮かんでくる   Accessで、何ができるんだ!と心の中で叫ぶ!  受講者が訴えていること   実務で具体的にどう扱えばい...

事務職の人が市販書籍でAccessの独学を始めると挫折します。  挫折したかどうかを受講者に確認すると、  ほぼ全員が「本の最初の部分で挫折しました」と、言います。 挫折の理由は・・・  ひとことで言えば、事務職とAccessは、ミスマッチということです。  ...

実習は次の手順でおこないます。  1)Accessの起動。  2)空のデータベースの作成。  3)実績データ(Excel)のインポート。  4)クエリを7種類実習しクエリに慣れていただきます。  5)講師の言う通りに一緒にメニュー画面を作ります。  6)実践...

市販の会計ソフトや給与ソフトの大部分が現行1年度分しか瞬時に検索できません。 つまり、3年間のデータを調べる時は  本年度の領域データの入替えを3回やる必要があります。  多くの実務経験者がこのことで大変な不便を感じています。 データの入替えだけでも30分から半...

Accessはリレーショナルデータベース  リレーション設定やテーブルに主キーが必要です  本来はそこからスタートすべきですが・・・ 既存のシステムのデータを分析する時、  Accessを使えば  リレーションやキー設定をしなくても  データの中にキーが...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Excelレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ