全国5万人が受講している「サイタ」

Excel(エクセル)使い方講座・スクール

Excel(エクセル)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel東京 ExcelPro大親切スクール スクールブログ 当スクールから...

当スクールからの「お願い」です

私が担当させていただいていますMS Officeスクールの体験レッスンを受講された方はこれまでで170名ほどにもなりますが、その中には、体験レッスンをWord、Excel、Accessなどの操作上の問題解決のためにのみ利用したいと考えて受講される方もおられます。

そのような方に向けては、体験レッスンの確定の前に私の方からお知らせをして、「体験レッスンは、当スクールの継続的な受講を検討される方のために受講判断の材料として提供させていただく無料お試しレッスンです」という当スクールの趣旨をお伝えしています。

この効果によってかどうかの確定はできませんが、この後、体験レッスンをキャンセルされる方もおられます。しかしそのお知らせを「乗り越えて」、2つ3つの課題を持ちこんで体験レッスンにのぞまれる方もおられます。
もちろん体験レッスンで課題解決を依頼されることには何の問題もありませんが、それだけを目的とされると、当方としてもかなりの徒労感に襲われることになってしまいます。

ただ「無料体験レッスン」という形態をとっている以上、どのような意向でこれを利用するかは受講者の判断であり、テレビで見る「ラーメン店」のように、客への禁止事項という形でこちらの意向を押しつけることはできません。またそれは私の本意でもありません。私のお知らせはあくまでも「お願い」としてのもので、できればこの「お願い」をご了解いただいて、課題解決としてのみの利用は控えていただけるとたいへん助かりますということです。

面白いことに(といっては失礼かもしれませんが)、課題解決だけを目的として体験レッスンに訪れる方にはいくつかの特徴があるようです。
まず一度確定した体験レッスンを延期する、次にレッスンに遅れる、続いてカフェで飲物を注文せずに着席しそのままレッスンを受ける、レッスン初めのあいさつ時にそっけない、レッスン最後は他の方よりも多く謝礼を述べる^^などです。

このような場面では、一通り質問が解決したところで私の方から「他の方にも提供させていただいている標準的なレッスンがありますが」と提案しますが、たいていは「これで十分」と断られることになります。
こうなると私としても提供できるものがありませんので、レッスンを予定より早く終了せざるをえないことになってしまいます。このときは何とも白々した雰囲気ですね。

ということで当スクールからの「お願い」をよろしくお願いいたします。

 

(2017年7月30日(日) 15:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

ExcelPro大親切スクール
星加弘文 (Excel)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

ブログ記事 ページ先頭へ