全国5万人が受講している「サイタ」

Excel(エクセル)使い方講座・スクール

Excel(エクセル)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel東京 一道のExcelマクロ講座 スクールブログ 似て非なるもの...

似て非なるものの弱点をカバーするには。

RDBは第三正規化することによって、データの重複がなく、矛盾しない、ゆっくりではあるが確実な世界をつくります。このことが最大の長所であります。
ところが、時間の経過によって、一番良いところに裏切られる。人生に通じるところがあります。
とりあえず、完全にカバーする手段は考えられていない(私はみたことがない。)と思います。すべてバランスの問題ですから。
1つの方法は、以下の様にすることですが、犠牲にするものも大きいです。
①いままで、「マスターテーブル」とかの呼称でよばれる変化の少ないデータタイプと「トランザクションテーブル」とかの呼称でよばれる変化を最初から考慮しているデータタイプのどちらも、同じく時間的に変化が多いと考えておきます。(設計者が想定外という言い訳をしないためです。)
②絶対的に不変である「ログテーブル」と呼ぶ(今後)というデータタイプを追加します。
③①のタイプは今までどおり、第三正規化まで行います。
④②のタイプは①のタイプとまったく同じだけ(対応して)定義し、第三正規化している①を逆正規化しておきます。(すべての外部参照するキー項目に関して展開する。)
それがまるで、①の更新ログに見えるところから「ログテーブル」と呼ぶことにしたわけです。
単純にいままでの概念のテーブルが2倍となります。
前回の例でいえば、「顧客」→「売上」、「営業所」→「売上」の3つのデータタイプで簡明に定義されていた世界に「L顧客」、「L営業所」、「L売上」の3つを追加することです。そして、これらの「Lタイプ」には、タイムスタンプ情報が付加されます。

 

(2014年8月3日(日) 6:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

IBMでシステム開発。アっという間に複雑な自動計算も習得できるように

一道のExcelマクロ講座
山田一道 (Excel)

五反田・目黒・大井町・大森・蒲田・都立大学・自由が丘・田園調布・不動前・武蔵小山・洗...

ブログ記事 ページ先頭へ