サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel東京 一道のExcelマクロ講座 スクールブログ 似て非なるもの...

似て非なるものと同義語

RDBは時間的概念に弱点があります。これは非RDB系のDBMSも同様です。
たとえば、「顧客」-「営業所」-「売上」という簡単な構成を考えます。データの関連を考えると、「顧客」→「売上」 「営業所」→「売上」という関係ですが、このような「売上」みたいなデータタイプは「リンクデータタイプ」と呼ばれます。これは魔法のようなもので、この世の中で、ぜんぜん関係がないようなものでも、関係を定義できることを示唆しています。
このままで終われば、簡潔で明瞭で強靭な構成ですが、ある日、突然の不幸がやって来ます。これは、必ずといって良いほど嫌なタイミングで来ます。
「顧客」に属する項目の1つが変更となります。たとえば、請求書送付先住所とか、顧客本店住所とかです。これは、まあ、長いあいだには当然あることですし、運が悪ければ短期間に発生することも連続的に発生することもあります。「営業所」に属する項目などは、もっと頻度が高く変更されます。(年に一度とか?)
そこで、この魔法のように便利だった、「売上」が暴れだします。
運良く(?)正規化された「売上」には、「顧客」や「営業所」と重複しているように見える項目は存在しません。
したがって、悪夢のような一瞬の出来事で、「売上伝票」が破壊(されたように)されます。
ここで、このシステムを構築した若手のA君は、ベテランのCさんに注意されることになります。
「似て非なるもの」が重要なんだと。すなわち、データ分析フェーズ、第三正規化されることで、「売上伝票」にあった、顧客住所は当然のごとく、「売上」からは排除されていました。
Cさんが、「顧客の住所」と「売上時の顧客住所」とは「似て非なるもの」なんだよ!と言いました。
こんなこと、みんなわかっていると言うかもしれませんが、これは実話です。
某有名な開発会社の大規模開発システム「料金管理」の機能試験で発覚したものです。
どうすれば良いか、良かったのかはまた!。

 

(2014年8月1日(金) 6:09)

前の記事

次の記事

目的・種類別にExcel(エクセル)使い方講座・スクールを探す

新着記事

 サイタでは体験入学をして、コーチの考え方、コーチング方法を理解して入学します。もちろん1時間では、わからないことも多くあるでしょうが、コーチの人柄やコーチイング内容が合わない場合もあると思います。  「一道のExcelマクロ講座」では、問題解決を講座の最大テーマとしています。その辺を誤...

ある生徒さんのために最小二乗法を調べました。エクセルの関数などで簡単に未来を予測できる訳ですが、ここに潜んでいる統計の罠があります。 特に重回帰ですね。単純な回帰分析だと簡単にばれるため、説得者は、複数の要素を準備して、その罠を忍ばせます。例えば、居酒屋への投資を勧めたい説明者は、ビールの売...

先日体験コーチで生徒さんとお話ししたところ、エクセルのマスタークラスでもマクロで何か実現することは難しい、とっつき難いことが判りました。私たちプログラマーあがりの人間にとって簡単な世界であっても、ユーザ系の人たちには荷が重いそうですね。本やインターネットでしらべて、なんとなく理解しているみたい...

実体を洗い出すのが面倒ですが、洗い出せば、山田式ER図では関係を定義することは簡単です。(省略して簡単にしているというのが正しい表現でしょうが?) 記号は2種類でしかありません。 →: 1対Nを表します。 --: 1対1を表します。 →がささっている方がN、元の方が1です。 実体...

生徒さんからの話にヒントを得て簡単な(山田式?)ER図の書き方を説明します。 まず、実体から ●(山田式)ルールは簡単です。 実体は四角形の記号で表し、四角形の中に実体名を記述します。 ●属性 実体を表す四角形の中には属性を記述します。 属性には**を付与して主キーを表し、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Excelレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ