全国5万人が受講している「サイタ」

Excel(エクセル)使い方講座・スクール

Excel(エクセル)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel東京 ExcelPro大親切スクール スクールブログ パソコンは今!...

パソコンは今!壊れる

企業の数十台のパソコンの管理を行っていると、パソコンの壊れる頻度がよく実感できます。1年のうちにほぼ2割程度のパソコンが不調をきたし部品交換か、または廃棄となります。この実績から推定すると、個人で1台のパソコンを所有しているとだいたい5年でパソコンが何らかの不調を呈するということになりますが、これは私たちの使用実感とも一致するのではないでしょうか。

パソコン1台を5年間使えるなら、機種やOSの世代交代の流れにも合ってそれほど問題はないように思います。しかし今、パソコンを複数台所有している人も多いのではないでしょうか。2台持っていると2年半のうちに修理を必要とする事態に遭遇することとなり、それが運悪くメインパソコンの方であった場合は、損失はけっして小さなものではありません。

私がハードウェアの修理対応をするのは電源、スイッチ、ハードディスク、バス接続のデバイスの交換によって修復が期待できる場合で、マザーボードの故障が推測される場合は廃棄の方針です。また、CPUやメインメモリが壊れるという事態にはこれまで遭遇していません。これらは壊れないものだと私は思っています。

不調をきたす部位によってパソコンの壊れ方が異なりますので、不具合の報告を少し詳しく聞くとどこが悪いのかがわかります。例えば、電源に原因がある場合、PC起動時の特にハードディスクへのアクセスとは関係のない時点で電源が落ちる、あるいは一度電源が落ちると再起動することができないが、場所を変えたり、相当程度時間をおくといつも通り起動するといったことが特徴です。
大量印刷などの重い処理の時にいきなりパソコンの電源が落ちる場合には、単にCPUクーラーにごみが詰まっているだけということが多く、夏場によく起こります。この時、掃除のためにCPUとクーラーを分離したくなりますが行うべきではありません。これらを不用意にマザーボードから取り外すと再取付が難しいことがあるからです。
また10年前と比べてハードディスクが壊れる頻度は少なくなったように思いますが、現在も多く起こる不具合はハードディスクへのアクセスができなくなることです。これはPC起動時、BIOSの自己診断が終わって、ハードディスクへのファーストアクセスが行われるときに失敗するというのが最初の症状です。このような症状が起きたときに、その不調をデフラグで直そうするのは最悪の選択となります。ハードディスクの調子が悪いときに重い再整列化処理を課すと、ハードディスクは完全に認識されなくなるほどのダメージを受けます。私も一度これで失敗した経験があります。

ただしマザーボードの不具合を含めてですが、ほとんどの不調は最初の兆候から数週間から数ヶ月を経て完全にだめになるという経過をたどりますので、データに関しては初めの兆候を見たらバックアップを行うということで間に合うことが多いものです。不調を来し始めた後、一度も起動しないということはそうあるものではありません。
しかしつい数ヶ月前のことですが、私は自分の長いパソコン経歴の中で初めて、パソコンが突然、今!壊れるという経験をしました。

経緯は単純です。私は何かの文書をWordかExcelで見ていました。すると突然というか、何の前触れもなく静かにマウスが反応を失い、キーボードも応答しなくなりました。画面は何ごとも起きていないかのように固まったままです。自分のメインパソコンでしたので、めずらしいことだと思いCtrl+Alt+Deleteでタスクマネージャを呼び出そうとしましたがやはり反応がありません。仕方なくスイッチの長押しで電源を切りました。このようなことは私が管理する企業のパソコンでは頻繁にあることなので、それがただ自分のパソコンにも起きたのだと思い、何の不安も感じることなく再び電源スイッチを押しました。しかし!です。長年使ってきた私のメインパソコンは、それきりもう2度と起動することはなかったのです。当初電源の劣化を疑いましたが、そうではありませんでした。何らかの原因でマザーボードが死んでしまったようです。

それでも私は気楽にしていました。というのも、その壊れ方からハードディスクに支障のないことが予想できたからです。案の定、取り外したハードディスクは他のPCにつないで認識することができました。
しかし、ここにも問題はありました。マイドキュメントなどの個人データはDocuments and Settingsフォルダの下にあるのですが、ここにセキュリティ管理がかかっているために他のパソコンにつないだときに読み取れないのです。結局、私は個人データに関してはバックアップしてあった1年以上前の状態に戻ることを余儀なくされました。

「パソコンは忘れた頃に壊れる」と以前に書きましたが、「パソコンは今!壊れる」んですね。まったくひどい壊れ方をしたものです。ここで得た教訓は、重要なデータはマイドキュメントに入れてはいけないということ、アウトルックエクスプレスではメールデータもDocuments and Settingsの下に入りますから、これも他PCからでは取り出せなくなります。別の場所を指定した方がよいのでしょう。

とはいえ、重要と思っているデータを失っても、私たちはどうにかこうにか新しいパソコン生活をそれなりに開始していくものです。私も今、新しいパソコンで「以前はもっと便利だった」と思いながらも、データがいくぶん失われていることをさして気にすることもなく操作環境を一つ一つ整えているところです。

 

(2013年4月10日(水) 2:21)

前の記事

この記事を書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

ExcelPro大親切スクール
星加弘文 (Excel)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

ブログ記事 ページ先頭へ