全国5万人が受講している「サイタ」

Excel(エクセル)使い方講座・スクール

Excel(エクセル)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel大阪 仕事で使うExcelの教室 スクールブログ And(アンド...

And(アンド) と &(アンパサンド)

And(アンド) と &(アンパサンド)はExcelの関数やVBAでよく使用される関数です。Andは前後の条件を満たした時に使用され,&は単に前後をつなげる時に使用されます。

Excelの使用例-----------=And(X>=1,X<=10)
ExcelのVBA使用例--------X=(X>=1 And X<=10)

AndはExcelの式では関数として扱いますが、VBAでは他の言語と同じように真理値を求めます。

&はExcelの式でもVBAでも使用方法は同じです。
(例)A1=B2 & "でした"
B2のセルに「お疲れ様」と入っていれば
A1セルは「お疲れ様でした」となります。

よくExcelのベテランでも&を「アンド」と云っていますが、これは是非「アンパサンド」と発音してください。

また、Excelの式内では「B2&"でした"」と&前後に空白を空けずに記述していることがありますが、VBAでは 「B2 & "でした"」と書かないとエラーになります。
他の言語でも&は同様の記述をします。

&を半角空白なしでつなげられるのはExcelの式だけかもしれません。Excel式内でも基本通り半角空白を空けて & を使用しましょう!

 

(2012年3月8日(木) 23:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

中高年の方への指導歴あり。同窓会名簿など、具体的なテーマから始められる

仕事で使うExcelの教室
淸水優司 (Excel)

梅田/大阪・天王寺・難波・難波・本町・心斎橋・谷町四丁目・谷町六丁目・四ツ橋・玉出

ブログ記事 ページ先頭へ