全国5万人が受講している「サイタ」

Excel(エクセル)使い方講座・スクール

Excel(エクセル)使い方講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Excel東京 ExcelPro大親切スクール スクールブログ パソコンは忘れ...

パソコンは忘れた頃に壊れる

パソコンを使うとき、一つ是非覚えておいていただきたいことがあります。それは、パソコンはたいへん壊れやすい機械だということです。

作業中に突然、パソコンが反応を失ってデータが壊れ、作業をやり直すという経験は、みなさんにもきっとあることでしょう。休み明けにパソコンのスイッチを入れたら電源が入らない、起動の途中で止まってしまったといったこともよく起こります。

医療機器や航空機などに使われているコンピューターには、冗長設計といって、簡単には不具合を起こさない仕組みが備えられているということですが、そういった堅牢なコンピューターからみると、残念ながら、私たちが使っているパソコンはおもちゃのようなものといっても過言ではないのです。

そこで「パソコンを信用してはいけない」ということを、私たちは肝に銘じておく必要があるのです。
パソコンを仕事で使っていて、私が一番困るのは、
 「フツーに操作してたらデータが壊れました。どうしたらいいですか。」
 「私は何もヘンなことをしてないのにパソコンが止まって、データ消えたみたいです。」
という報告を受けることです。

私は「パソコン作業のイロハを教えていなかった」と頭を抱えます。
パソコンは「フツーに作業」していてはだめですし、「ヘンなこと」をしなければそれでよいというシロモノではないのです。

パソコンを使って仕事をするということは、信頼性の低い機械からデータを守りながら、どうにか完成までもっていくということです。
いつ変調を来すかわからない、そういうもので作業しているということを折り込んで仕事を進めることが、パソコンで仕事をするということなのです。

みんさん! パソコンを信じて、何時間も延々と作業を続けていてはいけませんよ! 必ずバックアップをとりましょう! 
ただし、バックアップは、こまめにとればいいというものでもありません。画面で正常に見えているデータでも、実は壊れていて、その壊れた状態のままバックアップされているということがあるからです。恐ろしいです! ですから、ソフトに備わっている自動バックアップ機能に任せていてはいけないのです。

バックアップの世代管理を怠らないこと、これがパソコン作業の基本中の基本です。

 

(2011年6月3日(金) 21:27)

次の記事

この記事を書いたコーチ

データベースシステム開発会社を経営。初心者の壁を乗り越えるお手伝い

ExcelPro大親切スクール
星加弘文 (Excel)

渋谷・新宿・分倍河原・吉祥寺・笹塚・明大前・下高井戸・千歳烏山・調布・府中・下北沢・...

ブログ記事 ページ先頭へ