全国5万人が受講している「サイタ」

二胡教室・レッスン

二胡教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室二胡教室兵庫 宝塚二胡サロン スクールブログ 忙しくても上達...

忙しくても上達できます。

楽器に限らず、習い事を修得するには、時間が必要です。もちろん、自己流で長時間弾いていても、上手くはなりません。

ここでは、お仕事や家事、子育てや介護で忙しい、でも二胡も上達したい、という欲張りな方のために、効率よい練習方法を提案しますね。

一つは、「隙間の時間を利用しよう」

10分あれば、基本の運弓と音階練習ができます。一般的な練習時間としては、30分というのが最小の単位ですが、少しでも弾く、というのが大切です。
休日にじっくり練習しよう、と一週間に1時間練習するより、毎日10分、基礎練習だけでも取り組んでください。入浴前に、食事の前に、家族の帰宅の前に…

一ヶ月あるいは数ヶ月後に、しっかり効果が表れます!

もう一つは、「次のレッスンは2週間以内に」

本音を言えば、特に二胡の場合、中級者であっても毎週受けていただきたいのです。一週間に一度きっちり練習すれば、たとえお家で一度も弾けなくても、次回のレッスン時には、まだその記憶が頭と体に残っています。

ところが、二週間に1レッスンだと、大抵の方が一週間まるまる楽器に触れず、気がつけばレッスンの2日前。一週間以上経つと、体の感覚どころか記憶も曖昧になるので、いざ弾こうとしても、前回のレッスンの内容が思い出せません。納得のいく練習がお家でできないのは、勿体無いですよね。

とはいえ、大人の習い事で、週一は時間的にも経済的にもキツイ、というのが実体験に基づく感想です。。。

そこで、レッスン間隔は2週間以内に、でもレッスンの翌日は必ず復習してください。そしてその後はあまり間隔を空けずに、こまめに楽器に触れましょう。子供の学習と同じで、「復習&定着」。これなら、レッスンを無駄にせず、無理なくステップアップできます。

忙しくても上達できます。

(2015年2月9日(月) 11:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

美しい音作りを丁寧に指導。中国、台湾文化に興味がある方もお薦め!

宝塚二胡サロン
中井邦子 (二胡)

宝塚・西宮北口・清荒神・甲東園・小林・逆瀬川

ブログ記事 ページ先頭へ