サイタ資格取得講座管理栄養士資格講座東京 史子の管理栄養士講座 スクールブログ 二人三脚が心強...

二人三脚が心強い!

専門学校の講師をしていると、生徒たちの理解力やスキルには個々人で大きな差があると感じます。

そのため、理解に時間がかかり置いていかれてしまう生徒は、勉強=難しい・大変というイメージが根付いてしまうのです。

マンツーマン指導の素晴らしいところは、生徒一人ひとりのペースで授業が進められていくということ!そうすれば、着実に苦手を克服し、勉強=楽しい・面白いという印象になります。

理解できないこと、理解が遅いことは決して恥ずかしいことではないですね。理解しようとする気持ちが、本物を育てます。

理解できない・納得できない部分は、何度でも聞いてください(^ ^) そうでなければ、いつまで経っても「学」が身につきませんので!!

二人三脚が心強い!

(2014年6月3日(火) 1:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

健康コンサルティングほか多彩に活躍。誰かについ話したくなる栄養学!

新着記事

今、専門学校で栄養学を教えているのですが、炭水化物の分類の時点で挫折しそうな子もチラホラ。。 面白さを伝える為に、パワーポイントを使ってあれこれやっていますが、そのこともあってか、最近はわからない部分についてよく質問をしてくれるようになりました! そう。疑問をよく持つことが物事を捉...

夢を追って、社会人を経験したのち管理栄養士の国家試験を受ける方も最近は増えています。 4年制大学卒後の受験者が最も合格率が良く、30〜40%です。これでもAランク級の難関さですが、社会人受験者の合格率は10%にも満たないようです。 国家試験だけに没頭できればいいのですが、学生と社会...

専門学校の講師をしていると、生徒たちの理解力やスキルには個々人で大きな差があると感じます。 そのため、理解に時間がかかり置いていかれてしまう生徒は、勉強=難しい・大変というイメージが根付いてしまうのです。 マンツーマン指導の素晴らしいところは、生徒一人ひとりのペースで授業が進められ...

なんてイメージ、すごく強いですよね? 私も国家試験合格を目指して必死に勉強をしていた当時はそう思っていました。 管理栄養士の国家試験は作戦で勝てます! どんな教材を使って、どんな情報を得て、何にポイントを絞って効率的にインプットするか、ただそれだけです! それだけで、確実に...

ブログ記事 ページ先頭へ