全国5万人が受講している「サイタ」

衛生管理者講座(資格試験対策)

衛生管理者講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座衛生管理者資格講座愛知 HS衛生管理者講座 スクールブログ 東日本大震災か...

東日本大震災から3年を経て

 皆さん、こんにちは!
 東日本大震災問題での爪痕が消えぬ現在であります。気になっていることはたくさんあるのですが、今回はその中の1つを取り上げたいと思います。
ニュース等でご存知かと思いますが、幼稚園バスが津波に巻き込まれてしまう衝撃的な人災です。私は人災と受け止めましたが、皆さんはいかがでしょうか?
人災と受け止めた理由は、幼稚園に規定してある規約に反していたからです。
規約によると非常時の対応としては、非常時は保護者が送迎することになっているのですが、地震発生後、園長の判断で幼稚園バスにて送迎しました。その際に、津波に巻き込まれてしまったのです。幼稚園の立地は高台にあり、園児が幼稚園内に待機していれば、津波に巻き込まれることもなく、今も元気よくどこかを走っているかもしれません。
 この問題点は、規約に定めてある事項(手段)以外の行為を行ったからです。
規約は何のために存在しているのか?園児の安全衛生上、最も安全な手段として作られた規約ではないのか?
一般企業で言えば、安全衛生法上の義務違反行為を、その職長自らが指示し、招いてしまった結果ならば、重大問題と考えます。
 皆さんは、この問題を人災であり重大問題と考えますか?それとも、予測以外の大津波(天災)で仕方がなかったと考えますか?

 

(2014年3月12日(水) 21:39)

前の記事

この記事を書いたコーチ

企業でも衛生管理者の研修を担当。仕事と勉強の両立をがっちりサポート

HS衛生管理者講座
渥美正徳 (衛生管理者)

勝川・春日井(JR)・神領・高蔵寺・鵜沼・美濃太田・中小田井・上小田井・西春・徳重・...

ブログ記事 ページ先頭へ