全国5万人が受講している「サイタ」

衛生管理者講座(資格試験対策)

衛生管理者講座(資格試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座衛生管理者資格講座東京 第二種・衛生管理者講座 一からゴール スクールブログ 『異文化交流ミ...

『異文化交流ミクロ版』と国家試験の性質

皆さん、こげんきですか。

前回の、自分語のすすめ、の続きです。私は

「一般語」⇔「自分語」はいわば『異文化交流ミクロ版』
の一つ、と考えています。

ここでも「双方の価値観を尊重する」のが基本です。

前回の 労働⇒効用提供 という翻訳の例ですと、

翻訳する動機となった「違和感」の元は、
「労働という語は、働くことは苦労が付きもの」といわれている気がしたから、なのです。しかし、

労働という言葉には、「人のために動いた過程」の段階で、すでに価値が発生する、ことを認めている。
日本の美学がこもっている。

働くことは『効用提供』との断言は、成果主義に偏る。

という解釈もできるでしょう。

あくまでも場面や状況を
「言い得ている言葉の中から」、自分の理解に在る言葉に翻訳すること、に留意したいものです。

衛生管理者試験に限らず
『国家試験では、受験者個々の価値観はさておき、
 ナショナルスタンダードに対する理解度が問われる』
 からです。

それではまた。

 

(2011年5月3日(火) 12:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

「快適」に役立つ業務経験。イクメン先生の痒いところに手が届くレッスン

第二種・衛生管理者講座 一からゴール
島岡真司 (衛生管理者)

渋谷・高田馬場・池袋・阿佐ケ谷・荻窪・所沢・西武新宿・下井草

ブログ記事 ページ先頭へ